辛いもの好きな主婦の一人ランチは日清「汁なし担々麺(冷凍)」がベスト!

日清汁なし担々麺

娘が幼稚園に入り、平日の午前中はパソコンにかじりついて仕事をしているのですが……お昼ご飯ってめんどくさいですよね。

妊娠中は一人のお昼ご飯もちゃんと料理をしていたのですが、今はもうそんな元気ありません。どうせ一人で食べるだけだし、また夜も作らなきゃならないし。

ブログを見ていただけると分かると思うのですが、お金もないですしね。外食やデリバリーに頼ることもできません。

そんな私の強い味方になってくれるのが冷凍食品です。

冷凍食品は神

最近の冷凍食品は本当においしくて、もう自分でスパゲティ茹でたりチャーハン炒めたりする必要はないなと思ってしまいます。種類も豊富ですしね。

袋開けてレンジに放り込めばできあがるってのもすごい。皿一枚で済みます。

そして安い! 200円前後でお腹いっぱいになれます。

もうほんと、子育て中のママとかもっと冷凍食品を活用したほうがいいと思うんですよ。手作りは素晴らしいんですけど、夜だけで十分ですって。

ということで、ここ1年くらいは週3ペースでお昼は冷凍食品です。

日清「汁なし担々麺」にゾッコン

担々麺【全体】

中でも私が週一で一人ランチに食べているのが日清「汁なし担々麺」。スーパーの安売りで200円切ります。お安い!

しかも350gですよ。麺で350gはがっつり大盛で、元気が足りないと完食できないくらい。

元々辛いもの大好きで、自分でレストラン選べるなら四川料理とか韓国料理に行ってました。トウガラシ系の辛さが好きで、カレーの辛さはちょっと苦手という偏った味覚です。

そんな私がベタ惚れゾッコンになる辛さなので、そこそこ強め。辛さの元は別添えの花椒です。麻婆豆腐にかけるようなヤツですね。カーッと燃えるような辛さではなく、ビリビリと舌が痺れるような辛さです。

超速で作り方説明

担々麺【作り方】

作り方は超簡単で、中身を出してお皿に乗せてレンジで7分。これだけです

担々麺【中身】

中身は麺と具材が入った袋と花椒の二つです。花椒は食べるときにかけるので、レンジには入れません。

担々麺【レンジ】

こんな感じでレンジに入れます。あとで混ぜるために、ちょい大きめのお皿にしとくのがポイントです。

レンジ時間は「500Wで7分・600Wで6分」ですが、たまーに内部が冷たいことがあるので、私は「600Wで7分」とちょっと長めにかけてます。

待つ時間はそこそこ長いのですが、入れっぱなしでOKですからね。たとえば「3分つきっきり」より「7分放置」の方が楽です。普段はその間にインスタント味噌汁とお箸、水なんかを準備しておきます。

これでお昼ご飯の準備終わり。10分で済みます、ありがたいっ!

花椒のしびれが絶妙!

担々麺【完成】

袋から出すと肉みそとチンゲン菜(?)がきれいに解凍されているのが分かります。彩りも悪くない。

担々麺【花椒】

で、ここに花椒をかけるわけです。

担々麺【辛さランク】

パッケージにも花椒の袋にも書いてありますが、花椒の量で辛さを調節可能。ビリビリくるのが苦手な人は様子見てかけていった方がいいですね。結構刺激強いです。初めてたべたときは「ひいいいいいい」ってなりました。

私ですか? もちろん全部かけて辛みMAXです!

担々麺 × 卵 = 至福

担々麺【卵2】

私のお気に入りは「卵のせ担々麺(花椒MAX)」ですね。辛いものには卵をかけるのが礼儀です。おいしくないハズがないという組み合わせ!

担々麺【まぜまぜ】

全部乗せてしっかり混ぜていただきます!

とんとん

うまいっ!うますぎるっ!

子供がいるとなかなか辛いものは食べられませんからねぇ。独身時代はキムチチゲや激辛麻婆豆腐なんかもよく作ったんですけど。

体がカプサイシンを欲してます。夏は余計にひとりゴハンで辛いものを食べたくなります。

ひとりランチこそ冷凍食品!

冷凍庫には担々麺とかカレーうどんとかが常時5つくらい入ってます。スパゲッティやライスバーガーなんかも買いますけどね。

色々食べてきた中で、今のところ麺類では日清「汁なし担々麺」がチャンピオンです。感動するほどのウマさと辛さでヘビーローテーションしてます。

作るの簡単で安くて美味しくてしっかり辛い! 辛いもの好きで、自宅で一人ランチする人には超オススメです。

もうホント、冷凍食品の進化は素晴らしいと思います。ひとりランチなんて手抜きして美味しいのがイチバンですよ。何なら子供との2人ランチも冷凍食品でいいんじゃないかと思います。選ぶの楽しいですしね。

コメントはこちらへどうぞ