コストコのプレッツェルバンズは甘じょっぱさがクセになる!冷凍解凍方法も伝授

Pバンズ(アイキャッチ)

コストコのベーカリーは焼きたてのいい香りと試食につられて買わずには帰れないエリア。

試食がとてもおいしく娘も気に入った「プレッツェルバンズ」はボリューミーでクセになるパンでした。

私の知るプレッツェルとは違う

プレッツェル

引用:写真AC

私の知っているプレッツェルはこんなやつ。

細長くした生地をハートのような形に結んだ、焼き菓子に近いパンです。

Pバンズ(全体)

とんとん

コストコのはだいぶ違う

プレッツェルってなんなんでしょうね。

簡単に調べてみたのですが、一口にプレッツェルと言ってもいろいろあるみたい。

大きく分けると「ドイツの柔らかいパンタイプ」と「アメリカの硬いスナックタイプ」。私がパッと想像したのはドイツのでした。

コストコのは丸くて、表面には裂けたように色が違う部分もあります。

表面の色も濃い茶色、プレッツェル独特の甘じょっぱい感じもあるので、形は違うけどプレッツェルの一種ってことでしょうかね。

値段:1個56円でコスパ良し

Pバンズ(ラベル)

16個入りで899円、1個当たり56円です。

激安というほどではありませんが、菓子パンが1個100円と考えると安いですよね。

Pバンズ(手のり)Pバンズ(厚み)

サイズはものすごく大きくて、1個で1食分といっていいくらいです。私はおいしくてつい2個食べちゃいますが。

見た感じはコストコの定番ディナーロールの1.5倍くらいでしょうか。

ずっしりと重くて、おなかにたまりますよ~とアピールされている感じです。

甘さと塩味がおいしい

まず袋を開けて感じたのが、甘い香り。黒糖っぽい香りがふわ~っと広がりました。

中身がみっちり詰まっていてかなり歯ごたえのある硬めのパンです。

もちもち感はありませんが、ベーグルに近い気もしますね。水分を持っていかれるところも似てるかも。

香りほどではありませんが甘みがあり、そしてほんのり塩味もあります。

食事系だけじゃなくてデザート系としてもいけそう。クリームチーズとか試してみたいなぁ。

サンドイッチにぴったり

Pパンズ(サンド)Pバンズ(アップ1)

今回が初めての購入だったので、とりあえず定番のサンドイッチを作ってみました。

具材はレタス、スパムモッツァレラチーズです。

ケチャップとマヨネーズを試しましたが、ケチャップのほうが合います。

というか、バンズの噛みごたえと甘さにはマヨネーズは合わないかも。

バンズは厚くて水分少なめなので、具材には油分のあるものが合います。

ランチョンミートのほか、ソーセージや唐揚げなんかもおいしそう。私の大好きな卵は、ボソボソしそうなので工夫が必要です。

このまま食べるならトースターで焼いてバターを乗せるのがいい感じ

娘は焼かずにバターもなしでバクバク食べていましたが、私はちょっと……。

冷凍可能!解凍はレンジ&トースター

消費期限は2日間で16個入り。冷凍しないと厳しいですね。

ということで、ラップに1,2個ずつ包んで冷凍です。

1食分しておいたほうが解凍が楽なので、面倒でもここはしっかりと小分けします。

解凍はレンジとトースターの合わせ技。レンジを使ってガチガチに凍った状態から普通のかたさに戻し、トースターで焼いていきます。

ポイントはレンジ時間を短めにすること。ガチガチじゃなくなればOKです。

我が家のレンジだと、1個30秒が目安です。

これでちょうどサンドイッチ用に半分にスライスできるくらいです。ちょっと硬いくらいがスライスしやすいですよ。

その後トースターで焼いていきます。

プレッツェルバンズは表面がつるっとしていて焦げ目は必要ないので、3,4分ほど中火にしています。この辺は好みですよね。

リピートしたい優秀パン

娘も含めて家族みんな気に入ったので、リピートしたいと思いました。食事パンとして優秀です。

期間限定でたまに並んでいるので、気になったら早めにお試しくださいね。

コメントはこちらへどうぞ