調理のコツも!「bibigo水餃子」は辛ラーメンや鍋に入れよう【コストコ】

bibigo水餃子(アイキャッチ)

我が家では辛ラーメンを強烈リピートしています。キムチを入れたりツナを入れたりとアレンジを楽しんでいるわけですが、スーパーで買った餃子もよく入れていました。

韓国では水餃子をラーメンや鍋に入れて食べます。それがおいしいんですよね。

たまたまbibigoフェアをやっていたということもあり、ついに我が家もビッグサイズの「bibigo水餃子」を購入しました。ちなみにbibigoは、韓国の大手食品企業CJグループのブランドです。

韓国の水餃子とは?

bibigo水餃子(ムルマンドゥ)

パッケージにある3文字のハングルは「ムルマンドゥ」と読みます。「ムル=水」「マンドゥ=饅頭(餃子)」です。

日本の餃子は焼く前提で作られていますが、韓国の水餃子は煮たりゆでたりすることを前提に作られています。冷凍なので分かりにくいですが、解凍すると皮が厚めにできているのが分かります。

韓国ではメジャーな食べ物で、様々な料理に入れます。日本のように揚げて食べることもあるみたいです。揚げ餃子、おいしいですよねぇ。

800gで958円

コストコで買ったbibigo水餃子は800g入りです。コストコ冷凍食品に慣れてしまっている私からすれば普通サイズですが、まぁ一般的には大きなサイズですよね。

800gで一個当たりの重さは約9g。約90個入っているということですね。なかなかの大容量。

冷凍庫の圧迫は避けられません。ただ、ジッパーがついているので、取り出すのには便利な仕様です。

お値段は958円高くはないと思いますがいかがでしょうか。

ラーメン・鍋・スープと使い道は広い

bibigo水餃子(辛ラーメン)

我が家で水餃子を最もよく使うのは「辛ラーメン」です。あの辛ーいスープは、水餃子の皮の甘さによく合います。中に入っているお肉も甘みがあるので、辛ラーメンの辛さもやや和らぎます。

韓国は鍋文化。キムチチゲやプデチゲといった鍋にも、水餃子を入れちゃいます。コストコにも韓国系鍋のもとは売っているので、あわせて使っても良さそうです。たとえば牛骨コムタンスープを使って鍋にしちゃうとか。残り野菜と水餃子で、冬の夕食はササっと済ませるのもアリですよね。

他にはスープ。韓国ダシダや中華調味料をベースにしたスープにはよく合います。もやしやニンジンといった野菜を入れれば、食べるスープになります。朝ごはんにもちょうど良いですよ。

調理前に軽く解凍しておこう

水餃子をラーメンや鍋に入れるときは、ひと手間かけるとさらにおいしくなります。

冷凍のままアツアツのラーメンや鍋に入れると、皮が破れてしまうことがあります。日本の餃子より厚いとはいえ、冷凍された皮も急激な温度差には負けてしまうんです。

もちもちの皮を守るためには、調理前に小さめの器に水とともに入れて軽く解凍します。表面の霜がとれて少し柔らかくなるくらいでOKです。完全解凍はしません。時間でいうと5分か10分くらいですね。鍋なら水餃子を水につけた後ほかの準備をして、最後に加えればちょうど良い時間になります。

このひと手間でもちもちのおいしい水餃子が食べられます。

また、水餃子は長く煮込むと崩れます。スープなどの水分も吸いやすいので、調理したら早めに食べてくださいね。

ニンニクは好みが分かれるかも

bibigo水餃子(中身)

冷凍食品ですが、パッケージを開けるとニンニクのにおいが広がります。私は好きですが、もしかしたら好みは分かれるかもしれませんね。

中身はお肉と野菜がたっぷりで、スープにもその味が溶けて何倍もおいしくなります。思ったより使い道の幅が広いので、スープや鍋をよく作る人にはオススメです。

辛ラーメンを愛する人は確実にハマりますので、ぜひ試してみてくださいね。

コメントはこちらへどうぞ