ニトリの家具は30女が一人で作れる!作業のコツと注意点まとめ

ニトリのファウラーを作ってみた

引っ越しを機にいくつか家具を新調しようとニトリに通ったんですが、組み立てのものばっかりですね。こんなに組み立てばかりだと思っていなくて驚きました。

とはいえ私は「組み立てなんて面倒し難しそうだから無理派」実家にいるときは母に、結婚してからは夫にやってもらっていました。

今回も夫に組み立ててもらう前提で食器棚パソコンデスクを購入しましたが、引っ越し作業と仕事で忙しく「自分で作って」とのお達しが!

とんとん

そんなつもりじゃなかったのに!

三十路の主婦でもやるしかない

というわけで、30代にして初めて「一人で」ニトリの組み立て家具に挑戦しました。

思った以上に簡単だったので、結局楽しみながら食器棚も仕事用デスクも完成させることができました。

とんとん

ひとりでできた!

力も体力も集中力もない私でもできたわけですから、これはもう誰にでもできると言って良いのでは?!

初めてニトリ家具を組み立てた30女が気づいたコツと注意点をまとめますので、組み立て家具をためらっている人は参考にしてみてくださいね。

あると便利な「電動ドライバー」

今回組み立てた「食器棚」と「パソコンデスク」にはプラスドライバーが必要でした。逆に言えば必要なのはプラスドライバーだけだったので、ここも素人でも手を出しやすいポイントですよね。複数の工具が必要とか言われたら確実に買いません。

IKEAドライバー

我が家にはIKEAの電動ドライバー(1299円)があります。2年ほど前に買いましたが、安い割には使いやすくて気に入っています。(私は今回初めて使いました)

今回はコレが大活躍。家にあったプラスドライバーでもやってみたのですが、しっかり締めたいと思ってもなかなか満足のいく出来になりません。もうちょい締められる!と思ってるうちに手のひらが赤くなってしまいます。

力のある男性ならともかく、素人の女性は電動ドライバーがオススメです。

力のいる作業はなし!でも辛かった作業も

ねじを締める部分以外は、そこまで力のいる作業はありませんでした。くるくるっとナットみたいなのを回したり、付属の小さいレンチ(L字)を使ったりと、全体的にとにかく力を必要としない設計。女性にも優しい!

ニトリ組み立て図1

ただ、上の写真にある「木ダボ」を差し込むのはきつかったです。木の板の側面に開いている穴に差し込んでいるのが木ダボ。後で別のパーツと合わせるときに、木ダボがあることで二枚を簡単に合わせられるわけです。誰かに押さえてもらわなくてもできるのは木ダボのおかげ。

……と思ったのですが、なかなか差し込めなかった木ダボが二本ありました。穴が小さいのか木ダボが大きいのか……。結局お皿を持ってきて全体重を乗せて差し込みました。私の全体重の前には木ダボも観念したようです、ああ複雑。

ここ以外は特に組み立てで苦労することはなかったので、たまにこんなこともある、という感じですね。

作業するときは段ボールを敷く

引っ越したばかりの家が傷ついては困るので、本当ならビニールシートでも敷いて作業したいところですが、いかんせん面倒です。一人しかいないわけで、できる限り工程は減らしたい!

ということで、梱包に使われていた大きな段ボールを敷いて作業をしました。食器棚も仕事用デスクも一枚の大きな段ボールで梱包されていたので、とてもやりやすかったです。床も傷つきませんし最後は捨てるだけで便利です。

ちなみに作業後はこんな感じ。

ニトリ作業後

中身を固定するための発泡スチロールやらクッション素材のシートなんかで、とにかくたくさんのゴミが出ます。何かに再利用したいところですが、技術も暇もないので捨てました。

隣に大きいゴミ袋をスタンバイしておくと片付けが捗ります。

1人なら約2時間で完成!

ニトリアイコン

食器棚もパソコンデスクも「二人以上で45分」というのが組み立て時間の目安でした。

残念ながら今回は一人で作業しなければいけません。単純に二倍の1時間半でできることはないだろうなーと思いつつ、作業開始!

狭い家では効率が悪い

まず最初の関門は「パーツ(部品)の確認」

板は一枚一枚クッション材でサンドされているので、すべてを取り出すのに一苦労。倉庫の中でやればもっと速いのでしょうが、私は家。しかも引っ越したばかり。床などに傷をつけないようそーっと一枚ずつ取り出していきました。

ニトリ組み立て図2

組み立ては分かりやすい

次の関門は「組み立て」……と思いきや、説明書が分かりやすいので困るところはありませんでした。板にはすべて番号が、ネジなどの部品にはすべてアルファベットが付けられていました。どこに何を使うのか、どう使うのかがとても分かりやすかったです。

説明書はほぼイラスト(図解)だけで、専門用語もありません。ワンステップごとに使う部品も書かれていて親切ですよね。

スチロールは「入れて折る」

最後の関門は「お片付け」

大量の発泡スチロールをパキパキ折ってゴミ袋に入れていったのですが、欠片が散乱するのが気になりました。う~ん、どうしたものかと考えているとあるものが目に入りました。

私は店舗で購入して持って帰ってきたため、ちょうどよく大きなニトリの袋が。これはイケそうです。 ここに発泡スチロールをそのまま入れて、袋の中でポキポキしてみたらいい感じ。「折って入れる」んじゃなくて「入れて折る」が正解ですね。コレ、おすすめです。

ここまでで約2時間。ちょうどドラマを2本見終えたところで作業終了です。2人がかりなら1時間もかからず終わらせることができそうですね。

組み立て家具は良い買い物

ニトリ食器棚全体図

完成した食器棚はこんな感じ。一人暮らしにピッタリのサイズとありましたが、キッチン収納もそこそこある我が家にはこれで十分そうです。お値段5000円なので良い買い物でした。

今は上に炊飯器を乗せているのですが、別売りのキャビネットを上にくっつけることもできるとのこと。食器に凝ることがあれば検討しようかな。

ニトリデスク全体図

パソコンデスクはこちらで「ファウラー」という名前のようです。パソコンとメモ用グッズにスマホぐらいしか置けないサイズですが、たいして広くない我が家にはジャストサイズ。スライド式のキーボードテーブルも気に入ったので購入しました。ブログもはかどる気がします。

このパソコンデスクも5000円台。ニトリさん、やりますね……。

とんとん

結論:ニトリ家具は30女でも余裕で作れる!

難しそう……とためらう必要はナシ!ぜひチャレンジしてみてくださいね。

キャビネット(フォルム SK1860 DBR) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】
パソコンデスク(ファウラー 80 LBR) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】

コメントはこちらへどうぞ