「雪国えりんぎ」の冷凍保存は切り方を工夫!鉄板レシピはバター焼き【コストコ】

雪国えりんぎ(アイキャッチ)

コストコのウォークインクーラーにある「雪国えりんぎ」

コストコのきのこ類はウォークインクーラーに置いてあります。

普通のスーパーだと常温で野菜と一緒に置いてありますけど、コストコは冷蔵です。

新三郷店だとウォークインクーラーに入って右手。ちょうどケーキ棚の真裏に当たるところがきのこ置き場です。

雪国えりんぎは食感が良くメイン食材にしたいと思いました。

値段:約10本で420円

スーパーだと2本で100円くらいで買えるエリンギ。

サイズによっては3本入っていることもあります。雪国エリンギの2本パックも100円くらいです。

コストコの雪国えりんぎは約10本入って420円です。

スーパーと比べると、安くはないですね。1本のサイズも変わりませんし。

コストコで買う意味はある?

残念ながら「コストコがお得!」とは言えません。敢えてコストコを選ぶメリットはないかも……。

ただ、他のキノコ類もそうなのですが、値段は変動します。

コストコの商品の値段が突然ガクッと下がるのはよくあることです。

値段は毎回チェックするのがおすすめです。

使い道はいろいろ

シイタケやマイタケと比べると、えりんぎはクセがありません。

どんな料理にもそれなりに合うのが魅力です。

手でざっくり割いて中華炒めにもトマト煮にも入れちゃいます。さいのめ切りにして五目煮にしても合います。

もうひとつの特徴はサイズですよね。大きくて存在感があります。

半分にスライスして天ぷらにしてもおいしいです。

パンガシウスを天ぷらにしたとき、えりんぎも揚げましたが好評でした。

パンガシウス【アイキャッチ】使い道も紹介!コストコの生パンガシウスフィレは店員さん待望の激ウマ食材!

バター焼きで無限に食べられる

雪国えりんぎ(バター焼き)

一番人気で食が進むのはやっぱり「バター焼き」ですね。

私は娘が一口でいけるように小さめにスライスしました。

大人だけならもっと大きくしたほうがおいしいかもしれません。

バターでえりんぎを焼くだけ、と作り方は超簡単!

私は食べる前に軽くクレイジーソルトを振りました。塩コショウでも良さそうですし、醤油もアリですよね。

バター焼きならガンガン食べられるので、10本を超えるえりんぎも速攻でなくなっちゃいますよ

保存は冷凍!切り方のコツ

雪国えりんぎ(ラベル)

かなり知られてきている知恵ですが、キノコは冷凍するとうまみが増えるんですよね。

長期保存だけでなく、味をよくするという意味でも冷凍しています。

雪国えりんぎ(冷凍)

えりんぎは大きいので、どう冷凍すべきか悩みますよね。

もちろんそのまま冷凍してもOKですが、私はスライスしてから冷凍しています。

えりんぎを半分にカットしてからスライスすると、炒め物にも煮物にも使いやすいサイズになります。

冷凍庫に入れるにはジッパーバッグが便利ですよね。

そのままでは入らなかったIKEAの小さめバッグにも、スライスすれば入れられます。

使いやすいし入れやすいのでスライス冷凍おすすめです。

大容量?むしろ普通サイズ!

10本超えのえりんぎパックは、一見すると「多い!」と思いますよね。

でも、料理に使いつつ冷凍してストックにもと考えたら実際はちょうど良い量なんです。

「コストコが安い!」いうことはないので買うのは悩むところですが、値下げしていたり、バター焼きが食べたくなったときはリピートするかなと思います。

コメントはこちらへどうぞ