一本100円!フードコートのチュロスは長さがおやつレベルじゃない【コストコ】

チュロス(アイキャッチ)

我が家のコストコ基本ルートは午前に入って即フードコートでランチなので、買い物のあとにはちょっとお腹がすいてしまいます。

小腹がうずく退店のタイミングでよく買うのが「フードコートのチュロス」です。

チュロスは遊園地やプールなどの楽しいところで食べるものという印象が強く、なんとなく手が伸びてしまいます。

コストコのチュロスはコスパが尋常じゃないので、しょっちゅうリピートするお気に入りです。

値段:長い重いで100円

チュロス(持つ)

コストコのチュロスは、とにかく長くてボリュームがおやつレベルじゃないんですよ。

約30cmというところでしょうか。端を持ってみると、自重でミシミシと折れそうになります。

チュロスっていうとちょっとかわいい雰囲気ありますけど、これはかわいくないです。

揚げてあるし噛みごたえもあるしで、ボリュームはおにぎり2個以上

ズドーンとおなかにたまります。おやつじゃなくて昼食になっちゃう……。

チュロス(名刺比較)

サイズ比較に名刺を置いてみました。名刺が小さく見えます。

そんなチュロスの気になるお値段は100円

とんとん

大事なことなのでもう一度。

100円です!

コスパがとんでもない。100円でお腹いっぱいです。

180円のホットドッグもすごいですけど100円のチュロスも衝撃です。

テーマパークだとボリュームは半分以下で値段は5倍ですもんねぇ。

甘さも油もひかえめ

コストコチュロスの特徴は甘さひかえめで油っぽさもないところです。

コストコのスイーツには砂糖とバターがふんだんすぎるほど使われているものも多いんですよね。

甘さに強くない私の中で、スイーツは甘すぎないのが重要です。

コストコチュロスはその点優秀です。

まわりにまぶしてあるのはシナモンシュガーですが、ほとんどシュガー感なし。甘いものが苦手な人にもおすすめできます。

揚げてあるとは思うのですが油っぽさもありません。揚げ焼きくらいのイメージです。

外はもっちりむっちりしていて、中は白くふわっとしています。噛みごたえバツグンでアゴのトレーニングにもなりそう。

その分、飽きやすい味とも言えるかも。

たんぱくな味とでもいうのか、シナモンを少しかけただけのフランスパンをかじっているような……。

もしかしたら好みは分かれるかもしれません。

そういえばシナモンも控えめです。こちらはもっとバッサバッサかけてくれても良いのですが。

テイクアウトしたら、ホイップやハチミツをつけて食べるのも良さそうです。

コスパはフードコートNo.1

チュロス(全体)

とにかくこのボリュームで100円なんて価格破壊もいいところ。

コスパだけで言えばフードコートでNO.1じゃないでしょうか。手っ取り早く空腹を満たすには最適です。

半分に折ってシェアしても良し、豪快に一本かぶりつくも良し。

多少好みは分かれますが、苦手という人は少ないんじゃないかと思います。

気になったらぜひ一度トライしてみてくださいね。

コメントはこちらへどうぞ