万能!シュレッドゴーダチーズ(1kg)は便利ですぐになくなる【コストコ】

シュレッドゴーダチーズ

我が家ではチーズといえばミックス、もしくはチェダーかモッツァレラを購入しています。あまり知識がないので定番を選んでいるんですよね。本当は勉強して用途別に使い分けたいところですが、そんな経済的余裕はありません!

パッケージは姉妹品の「シュレッドモッツァレラチーズ(1kg)」と色違い。コストコに通い始めてからは「チーズの基本サイズは1kg」と思うようになってしまいました。

明らかに感覚がおかしいのは承知の上ですが、コストコのチーズを見ているとそうなってしまうのですよ。スーパーで200gのチーズを見ると、「ちっちゃくてかわい~」となってしまいます。

1kg788円は安い!

シュレッドゴーダ(ラベル)

シュレッドゴーダは、シュレッドモッツァレラとほぼ同じ値段。

1kgで788円は安いですよね。最底辺生活が染みついてケチ臭い私でも、この値段なら思いっきり使うことができます。

ちなみに原産国はオランダ。ゴーダはオランダの都市名で、ゴーダチーズ発祥の地だそうです。なんか本格的……!

さっぱり味のシュレッドゴーダは冷凍も調理も便利

シュレッドチーズの使い勝手の良さは素晴らしいですよね。使いたい分だけ出せるので無駄がありません。今ではシュレッドしか使わなくなってしまいました。

大容量チーズは冷凍が必須です。意外とカビやすいので、買ってきたらすぐに小分けにしておきましょう。

ザバザバっとジッパーつきの袋に入れて冷凍庫へ入れればOKです。解凍は袋ごとドンッと冷蔵庫に移すだけ。シュレッドなら細かくて溶けやすいし、溶け切らなくてもグッと力を入れて握ればバラバラになるので調理に使えます。

乗せる・かける・包む……いろいろな調理がしやすいのもシュレッドの魅力。ゴーダは元々チーズ初心者向けでクセがなく食べやすい種類です。このシュレッドゴーダも同様、さっぱり味で何にでも合いそう。

その分コクも少なめかなーと感じました。チーズの旨味を味わうというよりは、素材の引き立て役ですね。

ゴーダは具材を選ばない

シュレッドゴーダチーズ(裏)

ゴーダチーズは焼いて食べるというイメージがありますが、パッケージには「ピザやサラダに~」と書いてあります。でも裏には「過熱してお召し上がりください」の文言が。過熱してサラダに入れろということでしょうか……?

ためしに生で食べてみました焼いたほうが味も濃くておいしいのですが、生で食べてもさっぱりチーズの味がします。夫はカレーの上にかけて溶ける前にバクバク食べていますし、たまに口寂しいのかそのままつまんでいることも。

我が家では生で食べても大丈夫という結論ですが、「過熱して~」の文言があるので基本的には加熱調理で食べています。実際はどうなんでしょうねぇ。

シュレッドゴーダチーズ(料理)

たとえばこんな感じで料理に使っています。冷凍ポテトにケチャップとゴーダチーズをかけて焼いただけのお手軽料理。パンだけじゃ寂しい朝ごはんにピッタリです。

ポテトの他に、ブロッコリーやウインナーも合いますね。ケチャップにマヨネーズを加えてもおいしさアップ! カロリーもアーップ!!

コスパ抜群!豪快に乗せよう

シュレッドモッツァレラとゴーダでは、正直言って味にそこまで大きな違いは感じまられせんでした。隣に並べて食べ比べをすれば分かるかもしれませんが、そうでもしないと分かりません。我が家には繊細な舌を持つ人がいないせいかもしれませんが。

値段もお手頃で使いやすいので、普段使いのチーズとしてはピッタリです。また購入すると思います。

コメントはこちらへどうぞ