コストコならグランドアルトバイエルンが手の届く値段に

アルトバイエルン

パキッとジューシーなウインナー。お馴染みの「グランドアルトバイエルン」もコストコで買えちゃいます。「72時間熟成」「コク、深みのあらびき」ですって。惹かれる。

我が家では高級ウインナーの位置づけであるアルトバイエルン。……の割に、そこそこの頻度で買ってしまいます。もちろん買うのはコストコで。

クーポンでお得!1kg1180円

私の中で「ウインナーとは100g100円以下で買うもの」なのです。それ以上は高いから却下。だってメインおかずにならないもん。

お弁当に入れたり、スープのコク出しに使ったりが多いので、高いものを買っても大きく味は変わりません。お金がないと、たいして舌も機能しなくなるんですよね。

しかし、アルトバイエルンは別格です。‘高級’ウインナーなので、メインおかずになります。ウインナーとは一線を画す、主役クラスの食材ですね。

グランドアルトバイエルンのコストコ定価は1380円。これではまだ高いかなとためらってしまいますが、クーポンが出ていると1180円になります。グランドアルトバイエルンが100g120円。これはお買い得すぎますね。

スーパーのPBウインナーでも100g120円はよくある値段です。グランドアルトバイエルンなら150円くらいでしますよね。コストコで買うのがお得です!

100%豚肉の旨味

安いウインナーは中身が鶏肉とのミックスであることがほとんどです。あっさりしていて、肉のキメが細かいように感じます。ペースト状って言うと伝わるでしょうか。

グランドアルトバイエルンの場合は100%豚肉で鶏肉は入っていません。噛むとジュワワワ~っと肉汁が溢れます。豚肉の旨味と甘味をこれでもか!と感じられます。パンに乗せるとおいしいやつですね。ディナーロールがあれば必ず挟みます。

パッケージにも書かれていたバイエルン州の岩塩のおかげなのか、しっかり塩味もついています。粒マスタードとの相性は完璧。ケチャップは……野暮というものでしょう。塩味・旨味がスープや煮込み料理にもピッタリです。

もちろん「パキッ」という至福の音もあります。高級の印ですね。あらびきで噛みごたえもあり、噛むたびに肉汁がジュワジュワ押し寄せてきます。あー、もうホントおいしい!

雑記:ウインナーとソーセージの違い

書いていて気になったのが「ウインナー」と「ソーセージ」の違い。アルトバイエルンの裏面には「ポークソーセージ(ウインナー)」と書いてありました。え、どっち?と思って調べちゃいました。

  • ソーセージ
    → ひき肉の腸詰め
  • ウインナー
    →ソーセージの一種。羊腸を使う。

なるほど。ソーセージはいわゆるカテゴリの名前なんですね、納得。羊腸がウインナー、豚腸がフランクフルト、牛腸がボロニアだそうです。気にしたことなかったなぁ。

賞味期限はよく見て

アルトバイエルン(賞味期限)

今回購入したのは10月13日。店頭にあったのはどれも10月30日が賞味期限でした。賞味期限が2週間で1kgなら十分現実的なサイズですよね。でも日によっては賞味期限まで1週間ということも。購入の際はしっかりチェックしてくださいね。

パスタにスープに炒め物。ソーセージなので使える料理は幅広いです。冷凍も可能なので、サイズに不安があっても大丈夫ですね。

オススメ料理は ‘ポトフ’

微妙に賞味期限が切れそうな場合は、ポトフで大量消費がオススメです。メインのおかずになる上、簡単で冷蔵庫掃除にもなります。水に野菜とアルトバイエルンを投入、味付けはコンソメと塩・コショウでOK。アルトバイエルンの塩味と旨味が溶け出て、コクのある美味しいスープになります。

野菜はキャベツ・人参・白菜・玉ねぎ・ほうれん草・ジャガイモ……何でも大丈夫です。パスタ(マカロニ)やパンとの相性もバッチリ。余ったらカレールーを入れてカレーにしてしまえば翌日も飽きずに食べられます。

アルトバイエルンはコストコで

今は500g×2パックですが、以前は1000gパックでした。やっぱり2パックになっていたほうが使いやすいですよね。保存もしやすいので、もっと小分けになってもいいくらい。

この美味しさでこの値段は超お買い得。激安ではなくても、買う価値ありまくりですね。これからもリピすると思います。

コメントはこちらへどうぞ