カットして冷凍保存!八色しいたけは肉厚ジューシー【コストコ】

八色しいたけ

エノキやシメジの良い悪いは正直よく分からないんですけど、シイタケは一目瞭然な気がします。

コストコでキノコ類をよく買うんですけど、この八色しいたけは肉厚で、シイタケの見本みたいな形をしています。シイタケのアイコンにピッタリで、マリオに出てきそうなフォルム。一目ぼれして買い続け、もう何度買ったか分かりません。

パッケージがマイナーチェンジ

八色しいたけ(NEWパッケージ)

2019年4月、パッケージが変わっているのを確認。新三郷倉庫の場合、置き場所は変わらずウォークインクーラーの出入り口近くです。

八色とは地名だった

しいたけ【アップ】

私、地理がものすごく苦手で地名に疎いんですよね。埼玉周辺以外は「だいたい〇〇らへん」で過ごしています。お恥ずかしい。
で、「八色」という地名には全く心当たりなく、読み方すらよくわかっていませんでした。

「八色」は「やいろ」と読み、新潟県の内陸の方にあるようです。パッケージには「魚沼産」とありますが、八色は魚沼のすぐ南にあるんですね。魚沼はブランド力高いですからねぇ、美味しそうと思ってしまいました。

値段:肉厚なのに1個30~40円

八色しいたけはだいたい15個くらい入っています。私が手に取ったのは袋の中できれいに並んでいました。

大きなシイタケが約15個入ってお値段528円!

1個当たり30~40円の計算ですが、安いのか高いのかいまいちよく分かりません。近所の激安スーパーでは6個入り100円ですし。

でもスーパーにある激安シイタケってペラペラなんですよねぇ。カサの部分が平らで、三角じゃなかったり。足はひょろんとして黒ずんでることも。まぁ、シイタケの味はしますし安いからよく買うんですけど、そんなシイタケばかりの私からしたらこの八色しいたけは違う種類としか思えないわけですよ。

しいたけ【輪ゴム】

サイズ感を伝えたかったのですが伝え方が分からず、輪ゴムを乗せてみました。シュール……

しいたけ【横】

足が太くてまるっとしてます。カサはつやつやで厚いし、何より全体的に大きい!

もはや別物ですね。ボリュームは激安シイタケの2倍はありますね。このサイズ感なら1個30~40円も納得、むしろ安いといえるかもしれません。

歯ごたえ食べごたえが抜群

しいたけの美味しさって、香りと味と歯ごたえだと思うんです。

八色しいたけは、香りと味はもちろんGOODなのですが、何より歯ごたえが素晴らしい。ぐぐっと歯が入って、もぐもぐ噛めるんですよね。安いのにありがちなキュキュッという歯ごたえじゃなくて、シイタケ食べてますっていう食感。メインになれるシイタケです。

まれにコストコのウォークインクーラーの出口で試食をやっているのですが、食べた人は「うぅ~ん」とうなってますね。ただ焼いて醤油をたらしただけで、ごちそうに早変わり。すんばらしー!

冷凍可能!足を取るとかさばらず冷凍庫スッキリ

しいたけ【裏】

八色しいたけの袋の裏には、一応保存法が書いてありました。

簡単に言うと、「紙やキッチンペーパーで包んで冷蔵。長期保存は冷凍。調理は冷凍のまま」とのことです。でもこのままジッパーバッグに入れるとかさばるんですよね。足の部分が邪魔……。

しいたけ【冷凍】

ということで、私は足の部分をカットして冷凍しています。たったこれだけの手間で、ジッパーバッグにスッキリと納められるんです。Sサイズのバッグでも、余裕を持って5個入れられましたよ。

じゃあ全部冷凍しちゃえ……と言いたいところですが、ちょっと待った。私は冷凍は最小限にして、そのまま食べるようにしています。

冷凍でうまみが増すというメリットはありますが、やっぱり歯ごたえは冷凍しないほうが良いんですよ。煮物やスープには冷凍したシイタケが合いますが、焼いて食べるなら冷凍しない方が断然おいしいです!

そのまま味わうのがオススメ

安い!ではなく、ウマい!という方で超オススメな八色しいたけ。肉詰めや煮物にも良いですが、やっぱり試食でもやっていた「焼いて醤油を垂らしただけ」が最強ですね。

バーベキューのお供にもいいんじゃないでしょうか。

コメントはこちらへどうぞ