コストコのさくらどりむね肉は節約の王者!冷凍方法やレシピも紹介

さくらどり

節約の定番食材、鶏むね肉もコストコがお買い得!

鶏もも肉を買おうと思っても、安さに負けてついついむね肉をカートインしてしまうことも。

使い勝手は抜群なので、Bigサイズと思ったことはありません。コストコ慣れの恐ろしさよ……。

52円 / 100gで節約生活に光明が!

裏

かなりのBigサイズで、持つとズシリときます。それもそのはず2.4kg!

いくつか有名どころのレシピを見てみると、チキンソテーの一人前は200g程度。部位の違いはありますが、2.4㎏だと12人前ってことになりますかね。子供のいる3人家族の我が家なら、5食分にはなりそうです。

我が家の5食分がなんと1258円(2017年11月)!

100g当たりで計算してみると、52円/100g最底辺主婦としては足を向けて寝られないくらいにありがたいです。

スーパーの特売で62円は見ますけどね、コストコは安定してこの価格です。素晴らしい!

参考価格

2018年8月 1058円(44円 / 100g)

ツヤプリでおいしい高品質

ラベル

よく見てみると、成分表示の下に『日本ハム』の文字。なんとなく知っている企業の名前があると安心します。

むね肉

パックをあけると、ツヤツヤのお肉。表面はプルっと弾力があります。この質感も安定しています。

全部で7,8枚入っていますが、外れナシでどれもきれいなピンク色でした。

実際いろいろな料理にして食べてみましたが、パサつくこともなくおいしくいただけました。

全体的にしっとりしていますし、品質は良いと思います。まぁ、高級なむね肉を食べているわけではないので、比較対象はないんですけどね。激安スーパーのむね肉とは違うってことぐらい分かります。

店員さんのおすすめレシピ

コストコでむね肉を買うとき、珍しく試食ができました。

新三郷店では精肉コーナーの試食は2ヶ所ですが、ベーカリー側にある方はだいたいビーフなんですよね。豚肉やもも肉もあるので、むね肉の試食には意外と出会う機会がありません。

久しぶりのむね肉試食だったので、じっと見ていたら、鉄板にクッキングシートをかぶせていたんですよ。ちょっと気になったので店員さんに話を聞いてみました。

むね肉はパサつきやすいので、蒸し焼きにするのが良いそうです。お肉の水分も出て行かず、旨味も閉じ込められるんだとか。あとはクレイジーソルトをパパっとかければ完成。

簡単でウマいってことですよね。これはいいことを聞きました。

蒸し焼き

早速うちでも試してみることに。

フライパンにむね肉を広げて、クッキングシートをかぶせました。店員さんからのアドバイス通り、弱火~中火でじっくり蒸し焼きに。

我が家にはクレイジーソルトがなかったので、塩コショウで食べてみました。

これがおいしい!

上からかけるとうまく全体にいきわたらないので、塩コショウは隣に添えてつけるほうが良いですね。カレー粉やオリーブオイルを混ぜてディップしても楽しそう。もちろんマヨネーズも。

焼くだけでおいしいのはママ的に嬉しすぎます。

保存は味付けしてから冷凍

保存

賞味期限は数日なので、冷凍保存必須です。あとで楽をするために、使いやすい大きさにカットし、味付けして冷凍するのがおすすめです。

基本は砂糖をもみこんで冷凍です。甘みが出るし柔らかくもなります。砂糖だけならどんな料理に応用できます。炒めても卵でとじても煮込んでも!

鶏天用にはがっつり濃い目に下味をつけておきましょう。にんにく、生姜、醤油、酒でOKです。味が濃くなっても、鶏天ならつゆをつけなければいいだけですし、気にしなくて大丈夫です。

炒め物で使いやすくするには砂糖と醤油と酒でもみこむのがオススメです。

冷凍用下味まとめ
  • 基本 :砂糖
  • とり天 :にんにく、生姜、醤油、酒
  • 炒め用 :砂糖、醤油、酒

買ってきたその日に鶏ハムにしたり、サラダ用に茹でて割いておくのもアリですね。

2.4kgじゃ、むしろ足りない気がしてきました。

冷凍&解凍のコツ

味を付けたり調理したりした鶏肉は、ジッパーバッグに入れて冷凍庫へ。素早く冷凍&解凍するためには、平らに伸ばしておくと良いです。

解凍には冷蔵庫でゆっくり時間をかけています。寝る前に冷蔵庫へ入れれば、翌日の夕飯にはしっかり解凍されています。平らにしておけば、昼食にも間に合います。

コストコさくらどりは優秀

私がオススメしなくても、つい手に取ってしまう安さです。多いなんてことはなく、2人暮らしでも問題なく使い切れる量と味です。

我が家ではすでに何度もリピート中。精肉の中では一番買っているかもしれません。

店員さんおすすめの蒸し焼きは本当に簡単でおいしいので、購入したらぜひやってみてくださいね!

コメントはこちらへどうぞ