マスカルポーネロールはディナーロールの上位互換【コストコ】

マスカルポーネロール

コストコで人気の「ディナーロール」にそっくりなパンが発売されました。

「マスカルポーネロール」という名前から、マスカルポーネチーズが入っていることは分かるのですが、見た目はディナーロールそのものです。サイズも色も同じなので買うときは注意が必要ですね。隣にあるし。

ディナーロールと比較しながらレビューしていきますが、結論としては「ディナーロールの上位互換」でした。

値段:1個20円で安い

マスカルポーネロール(ラベル)

いつも通り36個入りで巨大なビニールに入っています。ちょっと小さめのごみ袋サイズ。女子力は低めですね。

698円なので1個当たりの値段は約20円です。安いですね、ありがたいですね。朝食でも2,3個いけちゃうのですが、それでも60円ですよ。コスパ素晴らしい。

でも、ディナーロールはもっと安いんですよね。内容量同じで498円。形状も同じです。

袋単位で考えると、200円の差があります。マスカルポーネロールから見たら3割引ってくらいの違いです。う~ん、大きいですね。

違いはチーズとマーガリン

値段ではディナーロールとの違いがハッキリ分かるところですが、問題は味ですよね。

原材料では「マスカルポーネチーズ」「発酵バター入りマーガリン」が大きな違いです。あと、実は内容量がちょっと違いますね。ディナーロールは1350g、マスカルポーネロールは1400gです。

マスカルポーネチーズはティラミスに使われているやつですね。チーズ臭さがなくて爽やかな味のチーズです。

食感と触感が大きく変わった

で、マスカルポーネロールの味ですけど、チーズの味はほとんどしませんでした。言われないと分からないというか、言われても分からない味です。

発酵バター入りマーガリンもそこまで感じません。私が舌バカなのかもしれませんけど、そこまでバター感もありませんでした。

ディナーロールと比べての大きな違いは「しっとり感」です。割るときもパサッとした感じはありません。これがチーズとマーガリンの力!

しっとり感のおかげで、水なしでもパクパク食べられます。ディナーロールの素朴な感じとは対照的に、なんというか上品な感じがします。

サンドイッチにぴったり

マスカルポーネロール(卵サンド)

しっとり感を最大限生かせるのは、そのまま食べられる「サンドイッチ」です。ディナーロールと比べて格段にしっとりしているので、サンドイッチはマスカルポーネロールのほうが向いていますね。ハムや卵など、油分や水分少なめの具材もおいしく食べられますし、もちろん焼いてもOKです。

マスカルポーネロール(ビーフシチューと)

チーズの味があるわけではないので、なんにでも合う万能感はディナーロールと一緒です。シチューにつけたりスープに浸したりジャムやはちみつとスイーツっぽく食べたり……。使い勝手は良いので、大袋で困ることはありません。

保存はもちろん冷凍で

賞味期限は3日。さすがに食べきれません。

買った当日に半分くらい冷凍しておけば、しばらくおいしく食べられます。娘のおやつに1個、1食分で2個、娘と2人のゴハン用に3個。使いやすい個数でまとめてラップして冷凍庫へ入れておきましょう。

フリーザーバッグでもいいんですけど、ラップの方がそのままレンジに入れられるので解凍が楽ですよ。

解凍はレンジとトースターを使うのがベストです。レンジだけだとどうしてもムラが出ますし、外側がふにゃふにゃしてしまいます。レンジで1個20秒ほど温めて、ガッチガチの状態から半解凍くらいに。あとはトースターの中火で全体を温めつつ表面を香ばしくします。

ちょっと手間はかかりますが、せっかくならおいしく食べたいですもんね。

ディナーロールと悩む!

ハッキリ言うと、マスカルポーネロールはディナーロールよりおいしいです。しっとりしてて使い勝手も良いです。つまり完全上位互換。

ただ、値段ですよね。同じ量で200円の差。お値段もある意味上位互換。

リピートは財布次第かもしれません。ディナーロールも素朴でおいしいですし、毎回悩みそうですね。

コメントはこちらへどうぞ