「1記事5000円」「網羅」で失敗!受注を後悔した案件を語ってみる

失敗談

いまでもクラウドワークスでの仕事の中では、文字単価1円って高単価なほうですよね。

「1000文字300円」くらいの仕事が多く、「2000文字200円」なんてのも。孫請けやアフィリエイトの外注だとそのくらいが相場ということなのでしょうか。

そこからシステム手数料を引かれると……考えたくないですね。

私が初めに手にした継続案件は「2000字900円」でした。

得意分野で内容を考えるのも難しくなかったため、単価は悪くないとすら思っていました。

そんななか受注できることになった「1記事5000円(5000字以上)」の案件

まとまったお金でオイシイ!……はずだったのですが、後に激しく受注を後悔する案件となりました。

キーワードは「SEO」。良くも悪くもたくさんのことを学んだ案件について語ってみます。

「SEO」が何より大事な案件

SEO

ライティングを始めたばかりの私は、「SEO(検索エンジン最適化)」なんて言葉は知りませんでした。

いくつかの案件を経て、「検索エンジンに好まれる書き方があること」「検索結果の上位に表示される記事を求めるクライアントが多いこと」を知りました。

おもしろく分かりやすく伝えるだけじゃダメだなんて目からウロコ、考えたこともありませんでした。

私が後悔したのは、まさにこういったガチガチのSEO記事を作成する案件

内容ではなく検索上位に上がることしか考えないクライアントでした。

目標はWELQ

美容・ライフスタイルを中心に記事を作成するという案件でしたが、応募に対する返信がものすごく長かったことを覚えています。

返信にはSEO記事作成のためのノウハウが詰まっていました。

  • SEOについて
  • タイトルの付け方
    字数制限・数字を入れるなど
  • 見出しの付け方
    小見出しと大見出し
  • ペルソナ設定
    ターゲットの性別や年齢を設定
  • 見本3サイト
    WELQなど
  • サジェストツール
    よく検索されている言葉を調べるツール

この返信に「記事の書き方をしっかり学べる!嬉しい!」と感激していました。

そのメッセージには「対策ワード(キーワード)で検索して出てくる上位10サイトを網羅するような記事を書いてください」とありました。

5000字以上なら嫌でも網羅するなぁなんて思っていましたが、甘かったです。

この頃は「WELQ・MERY経験者歓迎!」という案件が並んでいたのですが、このクライアントもWELQの名を何度も出してきました。

「WELQに負けないサイトにしたい」「WELQ以上の記事を書いてほしい」。

この時点で危険なニオイはしていたはずなんですが、初心者の私には見抜けませんでした。

▼WELQ問題を詳しく
参考 WELQ問題の火付け役と騒動を振り返り、1年以上経った今、Webメディアはどんな影響を受けたのか考察ニコニコニュースORIGINAL

勉強にもなってラッキー!

まず提示されたのは恋愛系ライフスタイル系のワード。

実体験も役に立つ身近なワードだったので、言われたとおりにペルソナを設定し、サジェストワード(キーワードと一緒に検索される言葉)から使えそうなものをいくつかピックアップして流れを作り、約6000字で完成させました。

たまたまですが書きやすいテーマだったので、字数はそこまで気になりませんでした。

6000字で5000円なら今までで最高の文字単価。

全体の構成も考えて、ターゲットが悩みを解決できるようにしました。

見出し作成など時間はかかりましたが、ノウハウを詰め込んだ大作。ウキウキして提出しました。

修正依頼の理由に唖然

提出後に修正依頼がきました。

修正は問題ないのですが、理由はまさかの後出し。

クライアント

上位10個のサジェストワードはすべて見出しに入れてください
MEMO
サジェストワード→キーワードを検索するときに入力候補として出てくるワード

そんなこと聞いてませんし、しかも明らかにテーマと違うワードがあります。

一応聞いてみたんですよ

キーワードは恋愛系なのに、「映画」とか「英語」とか悩みとは違うワードがあるんですがって。(その後のワードでは「歌詞」「株価」なんてものもありました。)

聞いてみた結果、その時の私には予想できない回答がきました。

クライアント

検索する人がいるということなので見出しを作ってください

……誰かの悩みを解決する記事を書くわけではないようです。

とはいえ私は駆け出しライター。現実はこういうものなんだろうなと思い、なんとかねじ込んで完成させました。

「英語に訳すと〇〇になるのは××だから」なんて見出しを作って、悩みの深さをアピールしたんですよ。まさに苦肉の策。

欲深き私はアリジゴクへ

そこでやめとけばよかったのですが、ドンと5000円の報酬をいただけたことで、継続する道を選んでしまいました。

しかも10記事達成でボーナスなんて言われたもんだからつい……。10記事までは書いてみようと思ってしまったんです。

だって5000円ですよ。家で1記事、2,3日かかったとしても家族で楽しく外食できちゃう額なんです。

1記事あたりのケタが変わってしまうとダメですね。つい「やります」と言ってしまいました。

2週間で2記事提出という条件で継続することに。

契約のたびに後出しが増える

後だし条件

サジェストワードを10も盛り込むのはきついなぁと思いつつ、それでも5000円のためにって思ってしまうんですよね。

悩んだ末に継続することを決めましたが、またもきました「後出し」。

ここから提出のたびに後出しが増えることになります。

上位10記事以上の文字数

検索上位より文字数を多く!

まずは文字数。元々5000字だったのですが、「上位10記事の最大文字数を超える」という条件が付きました。

条件と言っても、軽い感じで当たり前のように言われるので、初心者的には断れない。いや、断るという考えにすら至りません。

始めの記事は最大が4500字だったので5000字でOKでした。

次は最大が6800字、のちに8000字超えもありました。

今から考えると、おかしいと思わなかった自分におどろきです。

初心者ってこういうもんですよね。「当たり前」が分からない。

報告書の作成

次に求められたのは報告書の作成です。サジェストワードTOP10のチェックリストや上位記事のサイト名などを報告書にして提出することに。

もちろんたいして時間はかかりませんが非常に面倒でした。

しかも内容についてのチェック項目は一切なく、フィードバックはSEO絡みだけっていうのが気分悪い。

結局最後まで内容に関しては一言ももらえませんでした。

美容健康へシフト

ライフスタイル・恋愛について書いたのは始めの1記事だけ。次からは美容にシフトしていきました。

ときには美容整形が絡むようなテーマもあって負担倍増。

嘘を書かないように、図書館で本を借りるなどして乗り切りました。

1記事あたり5冊ぐらい借りてたのですが、それでも健康がらみは心配なのでごく一般的な事実と感想のみしか書けませんでした。なんとつまらない記事でしょう!

おすすめ商品をランキング

ニセのランキングに疑問

私がきっぱり断ろうと思ったのがコレ。

使ってもいないどころか見たこともない高額美容商品をランキング形式でおすすめする。

これは無理だと思いました。

もともと美容商品なんて縁がなかったため、商品自体もまったく知りません。おすすめしろと言われても……。

しかも決められた通りにランキングを書けと。

始めは悩み解決だったはずがだんだん主旨も変わり、これは断ろうと決心できました。

あっさり終了で気分は晴れやか

ついに我慢の限界がきて、10記事を待たずに「今受けている記事で終わりにさせてください」と言いました。

多少ほかの仕事の紹介をされたりもしましたが、とにかくこのクライアントと離れたかったので、お断りしました。

肩の荷が下りた感じ。スッキリ晴れやかで、他の仕事も順調に進むようになりました。

ここがアルバイトと違うところですよね。受注したものを仕上げればそれで終わりにできる。

引継ぎとかで辞めるまで時間のかかるアルバイトより、だいぶ気が楽です。

これ以降は「網羅」とある案件には手を出すのをやめました。いわゆる「地雷案件」認定です。

認識の甘さがこんな面倒な仕事を呼ぶとは、本当に案件の見極め方は難しい。

もちろんSEOについて学べたというのは大きいです。サジェストワードを調べるツールとか、自分一人では考えられませんでした。

この点に関しては感謝しています。うまく使えば有益なものですしね。

そう、SEOは大事なんです。

問題はソコじゃなくて、後出しでどんどん仕事を増やしてくること。あと読者を考えない姿勢

こういうクライアントは信用できません。

早めに断る、ちゃんと交渉するということって本当に大事。身をもって知りました。

もし私のように「なんか変だな」と思いながら継続受注をしている人がいたら立ち止まってほしいです。続ける意味があるかもう一度考えてほしい。

キレイごとではありますが、みんなが気持ちよくお仕事ができるようにというのが私の願いです。

1 COMMENT

コメントはこちらへどうぞ