クラウドワークスで「初心者ですが」と前置きすると稼げない理由

CrowdWorks

初心者

初心者で分からないことだらけですがよろしくお願いします!

自分がクライアントだったとして、ライターを募集してこんな文を見たら、何を感じますか?

「色々教えてあげよう!育ててあげよう!」と思った人は天使ですね。真っ黒とは言わないまでも、私みたいにややグレーな心を持った人はこう思います。

初心者⁈ごっつぁんです!

「初心者」を強調するのは「甘えている」から!

初心者ですがと前置きをする人は、何を求めているのでしょうか。

実は私も初めは「初心者ですが」「分からないことだらけですが」と言っていました。まぁ、経験ある人も多いんじゃないでしょうか。誰しも初心者からスタートしますから。

その経験から言うと、初心者という前置きの裏には「丁寧に教えてください」「分からなくても許してください」「できなくても怒らないでください」という甘えがあるんですよね。作業の前にハードルを下げ、できなくて当然と甘えているということです。

しかも、うまくいかなかったときの言い訳にもなります。

「初心者だって言ったのに、ちゃんと教えてくれなかった」そう言えば自分のせいにはなりません。少なくとも自分の中では、クライアントのせいとして処理できます。

学ぶ・調べる・聞く・試す……努力なんてしなくてもいいんです。できなくて当然。それが「初心者」という危険なフレーズを魔法のごとく使ってしまう理由です。

甘える相手を間違えてはいけない

会社やお店で雇われるときは、甘えてもいいでしょう。雇う側も初心者を育てるつもりでいますから。将来自分より下の人ができたら甘えさせてあげられますしね。

でもクラウドワークスは、いや、業務委託のクラウドソーシングでは育てるためにライターを募集しているワケではなく「今、仕事ができる人」を募集しているのです。「やりたい人」ではなく、「できる人」を募集しているんですもの、当然です。

初心者を免罪符に甘い考えで近づいてしまうと、逆手にとられてしまいます。初心者だから安く使えるし、条件が悪くても普通だからと押し通せる。極端な話、犯罪じみたことをさせるのも簡単なんです。

相場だって、あってないようなもの。私も実際に後出しで画像付き2000字以上かつエバーノート必須で一ヶ月以上かかったにも関わらず「1000円です!高単価です!」と押し切られた経験もありますし……。

参考:CrowdWorks失敗談!初プロジェクトは完了まで1カ月

だから「初心者」は稼げない

初心者と前置きするのは、騙されても分かりませんと言っているようなもの。経験を積んだライターなら詳細を見ることすらしないような案件にも、果敢に応募してしまいがちです。

初心者と上級者の意識差

「2000文字150円の記事を月に30本」なんてとんでもない案件に挑み、「できない」「向いていない」「稼げない」といって辞めていきます。結局お金はほとんど残りません。

稼ぐには学んで続けること

私も稼げているかと言われたら、イエスと胸を張って言えるほどではありません。

でも、少なくとも月に2,3万は収入を得ることができています。月に500円でも5000円でもプラスになれば、それは稼げていると言えるんじゃないでしょうか。ゼロじゃないんですから。

だから胸は張らないけど、私は稼いでいると言います。

とんとん

そう!私は稼いでいます!

私が稼げるようになったのは、「初心者」という言葉をやめたからじゃないかと思います。最初の失敗で懲りて「初心者」やめました。

上級者にクラスチェンジ

規約や利用ガイドも改めて読んで、クラウドワークスのシステムを理解しました。分からない言葉はまず自分で調べ、試してみてからクライアントに指示を仰ぎました。「教えてもらう」のではなく「相談」に切り替えました。

運が良かったのもありますが、自分の身は自分で守る、自分で学んで成長していく。自分を主体に考えていったことが良かったのだと思います。

無意識に「初心者」を前置きに使っている人は、まずそれをやめてみると前に進めるかもしれません。ぜひ試してみてくださいね。

コメントはこちらへどうぞ