コリコリ食感の「シーサラダ」はクセになる!ごはんやパンとの相性◎

シーサラダ(アイキャッチ)

回転寿司店でよく見る海鮮サラダ軍艦の具に似た「シーサラダ」

一言で表すなら海鮮具材のマヨネーズ和えです。

思ったより万能感はなかったですが、手巻きパーティやディップの材料としては良かったです。

シーサラダって何?

コストコのシーサラダはマリンフー “ズ” という会社の商品です。

名前は似ているけど、バターがおいしいマリンフー “ド” とは違う会社なんですね。

ミルクを食べるバターコストコバターの最高峰!マリンフードは本当にミルクを食べているみたい

シーサラダには小さくカットされたイカやホッキ貝が入っています。

ちょっと甘めのマヨネーズで和えてあり、かなりクリーミーです。

マヨネーズの卵感や油感、酸味などはほとんど感じませんでした。

シーサラダ(中身)

小さくカットとはいえ、刻んであるほどではありません。

スプーンでホッキ貝らしきものをすくってみましたが、結構なサイズですよね。

噛みごたえ、歯ごたえともにバッチリです。

値段:70g×6パックで998円

70gの小分けパックが6つ入って998円です。

高いのか安いのかは何とも言えませんが、ホッキ貝やイカなどのシーフードがたっぷり入っていると考えたら安いのかもしれません。

自分で手作りしたらもっと高くつくと思いますしね。

小分けで使いやすい

外の袋を開けると中には6つのパックが入っています。

真空パックになっていて、それぞれのパックにも賞味期限が印刷されています。

これ、地味にめちゃくちゃありがたいですよね。

シーサラダ(大きさ)

一パックは70gです。真空パックの中身をぎゅっと片側に寄せて畳んだら、ちょうどiPhoneサイズになりました。

使い方にもよりますが、パンやおにぎりなら3回分くらいですね。

我が家の使い道を紹介

パッケージには「サラダに」「パンに」「おにぎりに」とありました。

せっかくなので全部試してみました。

甘み強めの「サラダ」

シーサラダ(サラダ)

マヨネーズで和えてあるので、千切りキャベツと和えてサラダにしてみました。

野菜との相性はバッチリでしたがちょっと甘さが気になりました。キャベツの甘みもありましたからね。

少し塩コショウをかけるとちょうど良い味になります。

とくにこしょうが良い仕事をしてくれました。

焼いてから乗せる「トースト」

シーサラダ(トースト)

トーストに乗せて食べてもみました。やっぱりコショウを効かせると一気においしくなります。

アツアツのトーストにひんやりしたシーサラダってのもまた良しです。

トーストに乗せるのは、私の中ではNo.1の調理法でした。

パンを焼いてから乗せるだけなんですけど、トーストの「サクッ」とシーサラダの「コリコリ」がよく合います。

ちなみに、パンにシーサラダを乗せてからトーストという方法も試してみました。

マヨネーズ系は焼いてもおいしいですからね。

結果は……シーサラダは熱を加えたらおいしさが激減することが分かりました。

せっかくのコリコリ感がなくなってブヨブヨに……。これはおすすめできません!

余熱が微妙…「おにぎり」

おにぎりも試しましたが私はナシかなと思いました。

おにぎりの中にシーサラダを入れると、余熱でやや火が通ってしまいます。

軍艦に乗せるならコリコリ食べられますけど、おにぎりだとそうもいかない。

かといって冷めたごはんだと握りにくいですし。

やっぱりシーサラダは冷たいまま食べないとだめですね。

賞味期限は約1ヶ月

我が家ではトーストとサラダで使い切ってしまいました。賞味期限は約1ヶ月です。

小分けパックになっていますし、それほど大容量でもないため、3人家族で問題なく賞味期限内に完食できました。

とてもおいしかったのですがリピートするかといわれると微妙なところです。

あえて使う機会がそこまで多くないかなと。

手巻きパーティをすることがあればリピートするかもしれません。

使い道を決めたうえでの購入がおすすめです。

コメントはこちらへどうぞ