甘さに注意!クイニーアマンはパンじゃなくてスイーツです【コストコ】

クイニーアマン

ティラミス、ナタデココ、ベルギーワッフルときて、クイニーアマン!

クイニーアマンは90年代後半、ネイルアートが流行りだした頃にブームとなりました。90年代は毎年のようにスイーツのブームが変わりましたよね。横文字でオシャレなスイーツが毎年日本に入ってきて、当時はついていくのも大変でした。

コストコで見かけて久しぶりに食べたいなと思い、ちょっと高いなぁとは思いつつ買ってみました。

クイニーアマンはフランスの洋菓子

パック開けたところ

クイニーアマンって、日本ではパンのくくりですよね。

パン屋さんに並んでいますし、コストコでもベーカリーコーナーにあります。私が買ったときはクロワッサンの隣にありました。

でもフランス、ブルトンの言葉で『アマン=バター』『クイニー=お菓子』なので、やっぱりお菓子なんですよね。

デニッシュ風生地に砂糖を「これでもか!」ってくらい使ってます。パンとしてではなく、お菓子として買うのが正解ですね。

9個で1298円!1個当たり145円

クイニーラベル

クイニーアマンは9個入り。ちょっと多いですけど、3人家族では無理ってほどでもないので思い切って買えました。10個超えてたら買ってないと思います。

計算すると1個で145円は、決して安くはないですね。味や質は違いますが、100円で売ってることも多いので。

甘い! これはスイーツだ!

クイニー1個

大きさはコンビニやパン屋で売っているものとほぼ同じ。ちょっと低めで平べったい印象があるくらいですね。

目を引くのはやっぱり表面の砂糖!

片面には溶けて固まった砂糖が羽のようについています。バリッといい音。

反対の面には粒のグラニュー糖。粒はひとつひとつが大きく、噛んだときカリッと音がします。

クイニー断面

生地はデニッシュのような感じで、中身が詰まっているわけではありません。でも、バターに砂糖ががっつり使われています。

朝食時にはスープと合わせて1つで十分、それ以上はちょっと口が無理でした。甘くて、それ以上はおいしく食べられないですね。半分~1個がちょうどおいしく食べられる量です。

私が好きで買ったのですが、意外と夫と娘にも好評でした。夫は「ブラックコーヒーが欲しいな」と言いつつ、黙々と1.5個食べきりました。甘いのはそこまで好きじゃないとか言ってたくせに。

デニッシュと砂糖、というシンプルな組み合わせです。甘さは強いですが、シンプルだとなんか食べちゃいますね。我が家では賞味期限内に完食でした。

甘さがクセになる?

クイニー全体

率先して買ったくせに、私が一番食べた量が少なかったように思います。

私の中では、『パン=朝食』。その方程式に当てはまらなかったので、そこまで食が進まなかったのかもしれません。食事用じゃないですね。昼下がりにストレートティーと組み合わせて食べたい味です。

娘と夫は朝食でもモリモリ食べてたので、好きな人は多いんじゃないかとは思います。

スイーツって考えると自分から積極的にリピートは考えません。娘や夫が食べたいと言えばリピートしますけどね。

砂糖系の甘さが好きな人にはオススメです。

コメントはこちらへどうぞ