1本20円!コストコのピュリファイドウォーターが激安で感謝しかない

コストコの激安ペットボトル、カークランドの『ピュリファイドウォーター40本入り』。一般に500mlペットボトルをケースで買うと24本入りですが、コストコは40本で1セット!段ボールのケース売りではなく、プラスチック素材の薄いフィルムでまとめられています。

私の写真もよーく見るとカークランドのロゴが破れています。持ち手もありませんので、持ち運びには注意が必要ですね。

注意【2018年追記】

現在は湧き水を使った「スプリングウォーター」という商品に替わっていて、ピュリファイドウォーターは見かけなくなりました。

ピュリファイドの意味は?ミネラルウォーターじゃないの?

「ピュリファイド(purified)」とは、「不純物を取り除いた」という意味です。イメージで言うと、浄水なのかな。ナチュラルウォーターやミネラルウォーターとは違うようです。

コストコでは40本入りのパックがドドドーン!と山のように積み重なっています。なかなかの迫力ですが、夕方くらいに行くと山がかなり小さくなっていたり、ときにはほぼなくなっていたりもする人気商品です。

超激安で仕事用にピッタリ

40本入りで798円……ということは、1本20円!!

これはお得過ぎますね。 私がこの商品を買うのは、もうこれが一番の理由です。とにかく安い!

仕事で水のペットボトルを毎回持っていくのですが、スーパーのこのサイズは安くても50円は切りません。 仕事用の水は正直言って味なんてどうでもよくて、のどを潤せれば何でもいいと思っています。美味しいものはゆっくり味わって飲めるときにします。

仕事でバタバタと飲む人や、学生さんの弁当に合わせるにはぴったりです。

潰しやすい

ボトルはとても薄く、水が入っていても力を入れるとぺこっとへこむくらいです。そのため、飲み終わったらぐしゃぐしゃっと潰せます。

外出時にはどうでもいいことかもしれませんが、家庭のごみとしてはココ大事です。我が家はペットボトルの回収が隔週なので、小さくなるのはかなりありがたいです。

意見が分かれる味とキャップ

大人気商品ではありますが、人によって意見の分かれる商品でもあります。原因は「味」と「キャップ」です。

ミネラルウォーターではなく水道水

「まずい」「くさい」といった意見も多いこの商品。原材料を見てみると「水(水道水)」と書いてあります。「ボトルドウォーター」というのは、ボトルに詰めた水という意味です。

普段飲んでいるミネラルウォーターと比べると、飲み口がもったりしているというか、スッキリ感がないようには思います。ミネラルウォーターのほうがおいしいのは間違いないです。

ただ、私は気にならない派。価格と味を考えると、価格の魅力が勝ちます。大勝ですね。

じゃあ家で水道水をペットボトルに詰めれば?と思うかもしれませんが、パッケージングされている方が衛生的です。いちいち詰めるのも手間ですし、1本20円ならこちらを選びますね。

キャップが閉めづらい

日本で買うペットボトルのキャップと比べると、こちらは1/3以下の薄さです。そのため閉めづらく、たまに微妙に開いて漏れています……。

中身は水だし漏れても別にそこまで気にしていませんが、もうちょっと閉めやすくしてほしいですねぇ。

節約派には最高の水

好き嫌いの分かれる商品ですが、私のように節約が必須の人間からするとものすごーくありがたい商品です。ネットで買ってもスーパーより断然安いのは驚きです。

私のよく行く新三郷店では、店舗前の自販機でこの水をバラで買えます。1本30円なので、まずは試して味が大丈夫なら購入するのもいいですね。

コメントはこちらへどうぞ