マクロミルのアンケートで感じる5つの「あるある」をまとめてみた

マクロミルアンケート

マクロミルでアンケートに回答していると、不満というかびっくりすることが結構あるんですよね。新たな自分を発見!というとかっこいいんですけど、まあ、「私って……」と軽く落ち込むほうが多いかも。

今回はそんなびっくりをまとめてみました。「あるある!」と思ってくれると嬉しいですが、「アンタだけだよ」と思ってもらっても結構です。

1.アンケートが多すぎてめんどくさくなる

矛盾・本末転倒・主客転倒。アンケートが多いからマクロミルにしたクセに、アンケートが多いと文句を言う自分にびっくりです。

でも朝マクロミルを開いてズラ~っと未回答アンケートが並んでいると、正直「うわあ……」と思ってしまうんですよね。おなかすいたと言いつつ結局ほとんど食べない女子みたいで、自分にイラっときます。

2.なんかひとつ抜けている

上から順番にひとつずつクリックしていくアンケートだと、必ずと言っていいほど未回答が混ざってしまうのはなぜでしょうか。10を超えるともうダメです。ちゃんとひとつずつクリックしてるはずなのに……おかしいですよね。

原因のひとつはクリック範囲が狭いことにもあるような気がします。

反応する範囲をもう少し広くしたり列ごとに色を変えたりしてもらえると助かりますが……面倒ですよね、ハイ。

3.その他が多い

私の属性に問題があるんでしょうけど、

居住地を答えてください
→埼玉県

→大宮・浦和・それ以外

「それ以外」を選ぶときにさみしい気持ちになります。

東京は23区の他にも選択肢があるくらいなのに、埼玉って3つしか分けてくれないの⁈ って。

使っている路線も主要な路線ではないらしく「その他の路線」を選ぶことがしばしば。マクロミルに括られるような有名ドコロに住んでみたいですねぇ。

4.商品を名前で憶えていない

洗剤は色で判断している

最近よく思うのが、「私は商品を名前ではなくパッケージで憶えている」ということ。名前の羅列だと「知らない」が多くなるんですけど、パッケージが出てくると俄然「知っている」が多くなります。

特に日用品に多いですね。除菌・消臭・美白など、効果によってパッケージの色を変えてくれているので、それで覚えているんですよね。「歯磨き粉は〇〇の青いやつ」「トイレ洗剤は××の緑」……子供のお使いみたいですね。いやむしろおばあちゃんの買い方かも。

物によってはパッケージのイメージで認識していて、アンケートで初めて正式名称を知った! なんてことも。「EX」とか「プレミアム」とか、ホント複雑すぎて覚えられません。

5.全部ですか⁈

マクロミルでは軽めの「事前アンケート」が毎日大量にきます。その中で条件に合致する人に後日「本アンケート」と呼ばれる重めのアンケートが来ることが多いのですが、稀に事前アンケートの中にはギョッとする量のアンケートもあります。

最近ギョギョッとしたのは、「リスト中の使っている商品すべての金額を選ぶ」というもの。500円や1000円刻みの値段が20ほど並んでいました。リストの中で使っているものは10以上あったため、分かる範囲で選びましたが、疲れましたね。

どうせ3ポイント(3円)だし、途中でやめようと思ったのですが、意地になってやりきりましたよ。2度とやりたくないですけど。

今日も楽しくアンケート

パソコンでお金稼ぎ

共感していただけたでしょうか?(キュレーション風)

めんどくさいと思うこともありつつ、なんだかんだ楽しく回答しています。そういえば今日答えた「選択肢がボタンのようになっているアンケート」はものすごく良かったですね。タッチパネルのような直感操作ができて答えやすかったです。

さあ、明日もまた頑張るぞ!

コメントはこちらへどうぞ