初心者だって来るもの拒むよ!チキンでもできた継続依頼の断り方

チキン

私はクラウドソーシングではプロジェクト中心にライター業をしています。

継続依頼も多いのがプロジェクトの強みですが、辞め時が分からないというデメリットもありますよね。

毎月コンスタントに依頼があるのは嬉しいけど、同じ条件で書き続けるのは知識やテーマも枯渇するししんどい。気づいたら作業量が増えている。そういえば、単価アップって話はどこ行った?!

長く続けると気になる部分が出てくるものの、なかなかこういうことをクライアントに言うのは難しいんですよね。

しかも継続依頼は断りたいと思っても、クライアントは継続前提で話してくるから断りづらい。

ということで、今回はビビりでチキンでクライアントにNOと言えない私が継続案件を断ったときの話をします。

単価とテーマは重要なのです

先月私は、半年以上のお付き合いがあったクライアントさんの継続依頼を断りました。

0.5円と単価も低く、テーマも好きになれないものでした。手数料を引くと私の手元に残るのは文字単価で言うと0.4円ほど。リサーチも必要なのに、さすがに低すぎるよなぁと思っていました。

まずは単価アップの交渉をしましたよ。でも、直接依頼の打診になってしまいました。手数料をそのまま報酬に上乗せするというヤツです。あぁ継続をやめたほうがいいかもしれないなと思ったのはこのときです。

>>【体験談アリ】手数料の節約?リスク?クラウドワークスで直接契約を打診されたら

とはいえレギュレーションは緩く、クライアントがフレンドリーで書きやすかったこともあり、そこから3ヶ月ほど辞め方を悩みました。継続してほしい!というオーラも強かったですしね。

このままじゃダメだ、でも角を立てるのはなんかヤダ!

断りの文句は「ジャンルを絞りたい」

断り方に悩んだ結果、私が使ったのは「書くジャンルを絞りたいので継続をお断りしたい」という言葉でした。単価の問題ではなかったので、案件から離れるための言葉を何とかひねり出しました。

できるだけ引き留められたくなかったですし、メッセージのやり取りが増えるのも嫌でした。なので、自分のためにという前向きで意識の高いイメージを醸し出すことにしました。

ちなみにこのメッセージを送ったのは、納品と同じタイミングです。継続のお話が来てからでは言い出しづらいですしね。

この程度のメッセージでも、どんな返事が来るのかとかなりビクビクしてましたよ。断るって、ものすごーーーーく大変なんですよね。

結果、「残念ですが~」「いつでも戻ってきて~」といった長文メッセージが送られてきましたが、「頑張ってください!」というような前向きな結びで、円満に継続を終了することができました。

モヤモヤしてた案件を終わらせることができ、円満に継続依頼を断ることもできました。そのまま飲みに行きたくなるほど、スッキリ晴れやかな気分。肩の荷が下りたとはまさにこのことか!と実感しました。

「継続」を断る難しさ

羽ばたく鳥たち

私のようなチキンは案件を取るより断る方が大変なのです。だから納得できた案件のみ応募しているつもりです。

でも、案件を続けてくるとクライアントも私も変わっていきます。どちらも同じではいられません。クライアントは多くの作業を求め、私はそれに見合う単価を求めます。その中では「継続を断る」という選択肢も必要になってきます。

色々な断り方はあるでしょうし、スパッと「その条件じゃ無理」と言える人も多いのだろうと思います。でも私みたいになかなか断れない人は、ぜひ私が使った言葉をそっくりそのままコピペしちゃってください。

足かせになる案件はちゃちゃっと終わらせて、納得できるお仕事に時間を使いましょうよ。

新しい世界へ飛び立つチキン仲間が増えたら嬉しいです。

コメントはこちらへどうぞ