クラウドワークスとランサーズはどっちがいい?両方登録がオススメ!

CWとLは両方登録

副業を考えると目にする「クラウドワークス」と「ランサーズ

どちらも有名で、システムもほぼ同じ。どちらのイメージカラーもブルーで系列かと思ってしまいます。

「どっちに登録すればいいんだろう?」と悩みますよね。

結論から言うと両方登録するのがおすすめ…いや、ベストです!

なんとなく「どちらかを選ばなければ」と思ってしまうのですが、別にひとつに絞らなければいけない規則はないんですよね。

私はクラウドワークスに登録して約半年後にランサーズにも登録しました。

今は「始めから両方に登録しておけば良かったな」と思っています。

比べると流れが分かりやすく

クラウドワークスとランサーズの流れ

クラウドワークスもランサーズも、基本的な受注の流れは同じです。

  1. 応募(提案)
  2. 契約
  3. 仮払い(エスクロー)
  4. 納品(完了報告)

仕事を探して応募(提案)、選ばれたら条件を確認して契約、仮払い(エスクロー)を待って作業し、作業が終わったら納品(完了報告)です。

最初から両方登録すると、この辺の用語を覚えるのは大変かもしれませんが、やることは変わりません。むしろ両方のシステムを経験することで、流れが分かりやすくなるかもしれませんね。

最大のメリットは案件の多さ

両方登録する最大のメリットは、両方で仕事が探せること。

単純に選べる仕事が倍になるということです。

脱毛や仮想通貨などのメジャーなライティングはどちらにもゴロゴロありますが、ちょっとマイナーなテーマだとなかなか見つけるのも難しいんですよね。

自分に合う文字数や納期、報酬なんかを考えると、選ぶ案件は多ければ多いほどありがたいです。

受注しなくても、多くの案件を見ると報酬の相場やテーマの流行もなんとなくつかめてきます。

とんとん

詐欺やブラック案件にも気づきやすくなるかも!

デメリットは実績の分割

両方で仕事探しができる分、実績が分かれてしまうリスクもあります。

同じ件数をこなしたとしても、見える実績は違うのです。

たとえばクラウドワークス10件・ランサーズ0件」のAさんと「クラウドワークス5件・ランサーズ5件」のBさんがいたとします。

2人のクラウドワークスの実績

合計実績は同じでも、クラウドワークスではAさんのほうが信頼されますよね。作業量に見合った評価をしてもらえます。

ランサーズではBさんが有利ですが、ランサーズ内でも「5件しか作業していない人」となってしまい、10件は認めてもらえません。

頑張って実績を積み上げたのに、クラウドワークスでもランサーズでも「10件作業した人」と認識してもらえないのは寂しいですよね。

アイコンと名前をそろえて解消

実績が分かれてしまうというデメリットはありますが、積み上げたのは本当のこと。

積み上げた実績をうまく伝えられればデメリットは解消できます。

クライアントの中にもクラウドワークスとランサーズの両方に登録している人は多いので、両方で活動していることを伝えてみましょう。

総合実績に加え、評価やライティング歴も伝わります。

もちろん自分の記事が掲載されたサイトを伝えるのもOKです。

記名記事は実績をアピールする強い武器になるので、積極的に確保したいですね。

参考クラウドソーシング初心者は目的別の案件を同時進行するべし

両方の実績を自分のものと主張するためにも、クラウドワークスとランサーズのアイコン・名前を同じものにしておきましょう。

アイコンと名前をそろえることで、クライアントは「同じ人だ」と認識しやすくなります。

とんとん

ライターとしての自分は統一することが大事です!

ちなみにオリジナルアイコンを作るなら「 ココナラ 」がおすすめです。ワンコインから気軽に試せます。

実際に私はランサーズ内では実績ゼロの状態から文字単価1円の案件をとりました。

理由はクラウドワークスの実績を見せたことで安心して任せてもらえるようになったからです。

どんどんアピールしましょう。

両方で使えるオススメツール

クラウドワークスでもランサーズでも便利なツールがあります。

チャットワーク

チャットワークロゴ

データのやり取りやタスク管理に便利なコミュニケーションツールが「チャットワーク』です。

クラウドワークスやランサーズにもメッセージ機能はありますが、使い勝手はイマイチという声も。

複数のワーカー(ランサー)とやり取りするクライアントは特に、チャットワークで一括して連絡を取り合うことが多いです。

外部のツールなので登録は必須ではありませんが、使えると選べる案件の幅が広がります。

参考チャットワークID教えてと言われたら?登録方法をざっくり説明するよ

楽天銀行

楽天銀行

クラウドワークスもランサーズも、報酬を受け取るときに500円の振り込み手数料がかかります。結構大きいですよね。

でも、楽天銀行なら振込手数料は100円になります。お得!

クラウドワークスやランサーズなど、ネット副業の収入を楽天銀行にまとめておけば管理もしやすいです。確定申告を考えてもオススメですよ。ポイントもつきますしね。

楽天銀行を見てみる

ささっと両方に登録を

クラウドワークス ランサーズ、どちらにしようか迷っている時間がもったいないです。

とりあえず両方登録してどんな案件があるか見てみましょう。始めてから使いやすい方だけに絞ってもOKです。

「案ずるより産むが易し」とも言いますしね。

クラウドワークスとランサーズは、両方登録がオススメです。

コメントはこちらへどうぞ