チャットワークは安全?クラウドワークスと個人情報

chatwork

▼フリーランスに信用と安心を!▼
「FREENANCE」を見てみる

クラウドワークスに登録して間もないころ、チャットワークという言葉を頻繁に見て、勝手に提携サイトか何かだと思っていました。

案件に契約してからチャットワークに登録を求められると、不安になっちゃいますよね。

今回はクラウドワークスのビギナーワーカーさん向けに、チャットワークへの登録と個人情報の管理について知っていてほしいことをまとめました。

▼チャットワークの登録方法を知りたい人はコチラをどうぞ
チャットワークID教えてと言われたら?登録方法をざっくり説明するよ

チャットワークを使うワケ

チャットワークのメリット

クラウドワークスで仕事を受注するワーカーさんなら、初心者でも「チャットワーク(chatwork)」という言葉をどこかで目にしているはず。多くのワーカー、クライアントが使っているチャットツールです。

勘違いしやすいのですが、チャットワークはクラウドワークス外のサービスです。業務提携はしているようですが、システム的には関係ありません。(ココ大切!)

とんとん

LINEみたいに仕事用のチャットができるツールだと思ってください

チャットワークは、チャットだけでなくファイルを送ったり共有したりすることもできます。

クラウドワークスのプロジェクトにはデータのやりとりをするものが多いので相性◎です。便利なツールのため、使っているクライアントも多いようです。

多数のワーカーと契約していると、クラウドワークスのメッセージでは情報をまとめづらいので、チャットワークを使っていることが多いようです。

私もクラウドワークス内のメッセージは使いにくいと感じます。数件のプロジェクトを並行する場合、同じクライアントとのやり取りもプロジェクトごとに変わってしまうのが面倒ですね。この辺の改善をしてもらえると嬉しいんですが……。

クラウドワークスのメッセージでは送れない容量の大きいファイルもチャットワークなら共有できます。さらにタスクという機能があるのですが、これはチャットの相手との仕事内容が一目で分かる優れモノ。

とんとん

機能がたくさんあって便利です!

同じような理由で「Evernote」や「Slack」を使うクライアントもいます。

クラウドワークス利用規約

クラウドワークスの利用規約にはこのような文面があります。

仮払い前に直接連絡先を提示する、面談するなど、当サービス外での契約、支払いを想起させる内容の仕事の依頼を禁止しております。(弊社が事前に承諾した場合はこれに限らないものとします。)
<具体例>
メールアドレスや住所・電話番号、SkypeIDなど直接の連絡先を記載している投稿。
契約前に、メンバー(受注者)にメールアドレスや住所・電話番号、SkypeIDなど直接の連絡先を確認する内容が含まれている投稿。

ここを見ると、「チャットワークに登録は規約違反!」とか「騙される!」と考えてしまうのも当然かと思います。

ですが、順番さえ間違えなければ大丈夫です。

おさえておかなければいけない順番とは、プロジェクトの「契約 → 仮払い → 納品」のことです。契約や仮払いをしてからであれば、チャットワークでやりとりをしても危険なことはありません。

もちろん規約違反にも当たりません。違反となるのは、クラウドワークスで契約せずにチャットワークでやりとりする場合です。別のサイトでやり取りされたら、クラウドワークスは商売になりませんしね。

チャットワークへの登録で不安になることの1つは記事(作品)を持ち逃げされることだと思いますが、クラウドワークスで仮払いをしてもらってから納品することで解決します。クライアントはすでにお金を払っていますので、持ち逃げはできません。

契約や仮払い前にチャットワークで納品してしまうと持ち逃げもできるようになってしまいますので、常に仮払いを確認してから作業・納品をするよう気を付けてくださいね。

【参考記事】
仮払いでトラブル回避!クラウドワークスの自衛術

メールアドレスは複数持ちがオススメ!

チャットワークの登録で不安になるもう一点は、メアドを使っての登録です。こちらはメアドを複数持つことで解決します。

私はメアドを3つ取得してプライベート用、ネットビジネス用、捨てアドといった感じで使い分けています。不安なときはプライベート用を使わなければOKです。

メアドを1つしか持っていないという人は、ぜひサブのメアドを取得することをおススメします。YahooでもGmailでも複数のアドレスが持てますので、活用しちゃいましょう!

携帯電話は教えない

メアドは複数持てるので、個人情報とは言えあまり気にしなくてよさそうですね。

しかし、絶対に教えてはいけない個人情報もあります。

本名や住所も教えないに越したことはありませんが、意外と注意したいのが電話番号やLINEのIDです。

これらを教えてしまうと、相手から迷惑なチャットがきたり電話が来たりすることが考えられます。それだけでも十分ウザいのですが、IDや電話番号を出会い系の掲示板にでも載せられたらウザいどころじゃありません。

フリーのメアドと比べて、携帯電話関係は変えたり破棄したりが大変です。携帯電話関係の情報はネットでは出さないのが賢明ですね。

自己責任という意識を持つ

ネットでは最終的には自己責任となる部分が多いので、使い方をしっかりと理解しないといけません。クライアントに言われるがまま従ってしまうと、残念ながら損をしたり迷惑をこうむったりすることもあるのです。

  • 分からないことは調べる
  • それでも分からなければ聞く
  • 契約は慎重に

クラウドワークスもチャットワークも、とても便利なサービスです。でもやっぱりネットなのです。

安全第一で、コツコツ稼ぎましょう!

▼この記事で説明した「チャットワーク」はコチラ
参考 チャットワークでできることChatwork

コメントはこちらへどうぞ