オリーブ油より安い!オッタビオ(グレープシードオイル)で健康気分【コストコ】

特に健康志向というわけでもなく、むしろ価格優先でないと生きていけない生活をしている我が家。油は基本、一番大きくて安いものを購入して使っていました。

今まではサラダ油(キャノーラ油)とオリーブオイルの併用。炒めたり揚げたりするときはサラダ油、ドレッシングやマリネにはオリーブオイルと使い分けていました。

でも最近、体に良い油が注目されていましたし、何よりコストコには様々な油が並べられている!つい買いたくなってしまい、痩せた財布と相談して購入したのがこちら。「オッタビオ グレープシードオイル」です。

MEMO
カタカナ表記では「オッタビ」と書かれていることもあります。

グレープシードオイルって?

テレビ番組でも取り上げられるほど注目されているグレープシードオイル。名前の通り、ブドウの種子から採れる油です。ワインを作るときに取り除いた種から作ったとも言われていますね。ビタミンEが豊富に含まれているなど美容には良さそう。

ただし反論も多いようで。ワイン製造で捨てる種を使っているからゴミの再利用! とか、オメガ6(必須脂肪酸のひとつ)は普段の生活で足りているからオイルで採る必要はない! とかですね。減らすべき脂肪酸が多いという意見もありました。

結局いいの?悪いの?

我が家は子供もいるので油にも気を付けないと……と一瞬思いましたが、一瞬でした。

とんとん

それほど大量に使うわけじゃないから気にしない!

ということで落ちつきました!

だって、「あっちを立てればこっちが立たず」ですよね。普段口にするのは油だけでないので、油を気にするなら他もすべて気にしなければ意味がありません。しかも調理に少し使うだけでガブガブ飲むわけではありません。そんなの気にしてたら最底辺は生きていけないですって。

「味よし、値段よし、使い勝手よし」ならいいんです。致命的な健康被害がなければいいんです。上流階級になったら栄養士さんを抱えてしっかり気にすることにします。

ということで、味と値段と使い勝手をレビューします。

値段:お手頃な920g541円

有名メーカーの別の油で値段を比較してみましょうか。

  • オッタビオ
    920g   541円
  • A社 キャノーラ油
    1350g  486円
  • B社 EXバージンオリーブオイル
    750ml  1100円

A・B社についてはCMでよく見る大手メーカーですね。Amazonでの価格を調べてみました。

グラム(g)とミリリットル(ml)はイコールになりませんが、だいたいの値段を比べるため、イコールとして計算してみます。

100g当たりで考えると……

  • オッタビオ 58円
  • キャノーラ油 36円
  • オリーブオイル 147円

オリーブオイルの高さが際立ちますね。

でもスーパーだともっと安いですし無名の異常に安いオイルもたくさんあります。ピンキリなんですよね。

一つ言えるのは、オリーブオイルよりは安くサラダ油(キャノーラ油)よりは高いってことでしょうか。特段高いわけではないと感じました。

味と使い勝手は素晴らしい

グレープシードオイルは初めてでしたが、味もニオイもさっぱりスッキリといった感じです。本当にクセがないので飲めますね。容器から出すと、ドロッとではなくサラッとしています。

炒め物に使うならサラダ油とそこまで風味に変わりはありません。調味料も入りますしね。

オリーブオイル代わりにドレッシングやマリネにも使っています。オリーブオイルのような香りがないのは一長一短かもしれませんね。サラダ油のような油くささはありませんし、なんにでも合わせやすいニュートラルな油です。

揚げ物には……さすがにもったいなくて使えません。揚げ物だけは大きなボトルのキャノーラ油を使っています。

結局のところ、メリットもデメリットもそこまで大きくは感じませんでした。

ただオリーブオイルは結構使わないまま酸化させてしまうことが多かったんですよ。なんかもったいなく感じちゃうんですよね。変にオリーブの香りを活かさないと、とか思ってしまって。

その点、手ごろで使い道も広いグレープシードオイルは酸化させることもなく使い切ることができます。香りがない分、中華和食にも使いやすいですしね。万能です。

ということで、我が家はしばらくオッタビオと安い揚げ油の併用でいきます! 

コメントはこちらへどうぞ