クラウドワークスで「仕事がない」と言う初心者の特徴4つ

CrowdWorks

「登録したけど仕事がない」

「何から始めればいいのか分からない」

クラウドワークス初心者にありがちな悩みですが、こういう人には共通点があると最近気づきました。

共通点は全部で4つ。これを改善すれば、「仕事がない」から多少解放されそうです。

1)プロフィールがからっぽ

空のプロフィール

相談者

仕事はどう探せばいいですか
まずはプロフィールをどんどん埋めましょう

回答者

クラウドワークスのお仕事相談所などではテンプレのやり取りですね。

顔も名前も分からない相手と仕事をするわけです。自分を分かってもらうためにもプロフィールはきっちり埋めておくのは当たり前と思うのですが、意外と埋めていない人が多いです。

これは主観ですが、主婦や年配の方は自分語りのプロフィールが多いんですよね。

「大学卒業とともにA社へ就職し、慣れない業務で戸惑いつつも~」と卒業後の経歴を感想を交えて並べたり、「大学で知り合った夫とは結婚して15年。子供は2人いて上の子は小学1年生で~」とプライベートなことを語ったり。

「あの頃はそういう時代でしたからねぇ」なんてのは、ビジネス相手ではなく話し相手を求めているように見えてしまいました。

途中から愚痴になってる人もいて、むしろマイナスだろうなと思って見ています。

「子供にお金がかかるんです」「暇を持て余しています」とか……悪質なクライアントのエサでしかないですよね。

ビジネス用のプロフィールを作ることは、仕事探しの第一歩です。

【参考記事】
クラウドワークスのプロフィール画像選びで気を付けたいコト

”伝わる” アピールポイントを

スキルを具体的に書く例

プロフィールで求められるのはまずスキルです。

何がどの程度できるのか。具体的な根拠も添えると説得力が増します。

「中国語が少し分かります」「PCの基礎知識あります」と言われても、どの程度信用して良いのか分かりませんよね。

「中国で3年の留学経験あり」「前職でWord・Excelでのデータ入力を5年経験」など、数字や固有名詞を交えて具体的に書けると良いですね。

スキルとは言えなくても趣味や熱中しているものがあれば書いておきます。

ライティングではテーマに知識や熱意があるのは重要なポイントです。私も趣味がきっかけで声をかけてもらったことがあります。

2)スキルも知識も向上しない

私はスキルも知識もない状態で始めました。それがクラウドワークスの魅力でしたから。

でもその分、始めてからは勉強もしました。

画像の簡単なトリミングやサイズ変更、Googleドキュメントやスプレッドシートも登録後に勉強しました。

WordPressでブログを立ち上げたのも、元々勉強のためでしたしね。まだまだ勉強することは山積みです。

確かにスキルも知識もなくたって始められますが、稼ぐためにはスキルと知識が必要です。

自分にぴったり合う仕事を探していてもなかなか見つからないのは当たり前。

自分にできる仕事を増やしていく努力をしないといけないなと実感しました。

さらに言えば、実績もない登録したての初心者がスカウトを待っていても来るわけがありません。

むしろ悪質なスカウトが来てしまうので注意すべきです。仕事は自分で取りに行く世界、なんですよね。

【参考記事】
返事は出すべき?クラウドワークスでスカウトメッセージが来たら

3)誰でもできる仕事と勘違い

何から始めればいいのか分からない人が興味を持つ仕事のひとつに「文字起こし」があります。

聞いて文字にするだけということで、スキルも経験もない初心者ワーカーさんが手を出す場面を何度も見ました。

でも、文字起こしはスキルがないときつい仕事ですよね。

たとえばインタビューでは複数の声が重なったり、講演では雑音が多かったり。そもそも声が聞きとりづらいことも多いです。専門用語が出てくることもありますし。

それを何時間も聞いて文字に起こしていくわけです。重労働ですよね。

初心者でもできるかもしれませんが、「できそうだからやってみたい」で受注して本当に完遂できるでしょうか。

軽い気持ちで応募してもバレますし、受注しておいて「できません」では済まされません。(済まされると思っている人が一定数いるというのには愕然とします…)

自分の能力+αの仕事を受注するのは良いですが、漠然としたイメージだけで引き受けようとするのはダメですね。

4)自分で調べられない

PCで検索しよう

ヘルプや規約も読まずに基本的なことを質問する人。「登録したんですけど、何からすれば良いですか」と質問する人。

よく見かけますけど、あなたの前にあるのは何ですか。スマホですね、パソコンですね。

アルバイトや社員の場合、上司がイチから教えてくれます。分からないことはすぐに聞けます。

でもクラウドソーシングは違います。

クライアントは上司ではなく、「成果の出せる人、仕事が可能な人」を探しているお客さんです。求められている人になるには努力しかありません。

自分で考え、動くことができなければ、採用されないのは当然です。

意識を変えて仕事を増やそう

登録したから頑張ろうという人が「稼げない」と言って去ってしまうのは悲しいものです。

私は運が良かったこともありますが、登録して3ヶ月で毎月2,3万円は安定して稼げるようになりました。

当てはまる項目のあった人はぜひ改善してみましょう。

ほんのちょっとでも前進できれば、少なくとも「仕事がない」からは抜け出せるハズですよ。

コメントはこちらへどうぞ