polca使ってみたので始め方使い道を紹介!支援や集金に便利!

polca

Twitter界隈でちょっと話題になっていたので気になってはいた『polca』

少額で支援が可能とあって旅行や病気、仕事用ツール(たいがいMacbook)用の支援を求めるツイートをよく目にしました。

が、私は最底辺主婦。生活にいっぱいいっぱいで、とても人様に支援できるようなお金なんてありません。

そもそも、そんなに人に支援したい人がいるのかと不思議な気持ちになっていたのです。見ず知らずの人に500円支援するなら、母親にスタバでもおごってあげたいと思っていました。

見知らぬ人に支援するためのアプリだと思っていたのでスルーしていたんですが、ある方の企画を見て実は便利でおもしろいツールなんじゃないかと思ったので、さっそくダウンロードして使ってみました。

polcaの始め方

始め方は驚くほど簡単でした。

polca(DL)

まずはダウンロードです。マークが可愛いですね。

polca(電話入力)

続いて電話番号を入力。

polca(暗証コード入力)

SMSで送られた確認コードを入力します。6桁の数字でしたがコピペで一発です。

そのあとはアカウント名を入力します。他のアカウントとかぶってしまうとダメですし、使えるのは英数字のみでした。SNSと同じにできない可能性もありますね。私は友人やママ友と使えたらとも思ったので、あえて違う名前にしました。

これでアカウント作成は完了。1分でできますね。このスピード感は魅力。

polca(始める)

画面下にあるメニューの『はじめる』で企画を立ち上げて支援を募ることができます。企画のタイトル(内容)、目標金額(300円~10万円)、お返し、お礼メッセージを入れるだけ。こちらもサクッとできそうです。

支援したい相手が決まっていれば、SNSなどで送られてきた企画のページからアプリを開けば支援できます。ハッシュタグ「#polca」で検索すれば、面白い企画をこちらから探すことも可能です。

でも支援するのって抵抗あるんですよね

そもそも超個人的な支援を募るアプリなので、お金に余裕のない私としては見知らぬ人に支援するつもりなんてなかったんですけど、ある企画で考えが変わりました。

原価ほどをいただけたら、 マスキングテーププレゼントします、という企画です。オリジナルのものになります。
#polca
#マスキングテープ
#プレゼント

— 茉莉花工房 (@maturika_ko_bo) 2017年8月26日

※元ツイートは削除されてしまったようです。

Twitterで見ていた支援募集の多くが「○○へ行く旅費が欲しい」「〇〇にプレゼントしたい」といったもので、それを支援してもらうの? と少し疑問に思っていました。思い出話をリターンされてもなぁ、と。

でもこの茉莉花公房さんの場合は目的と必然性がハッキリしていたんですよね。

『印刷会社に頼むと、最低でも40個からになってしまうマスキングテープを制作させてください。』とあります。

「自分のために支援してくれ」じゃなくて、「一人じゃできないから協力してくれませんか」っていうスタンスにすごく共感できましたし、支援したいって思いました。

確かに、何かを作るときや買うときは多いほうがいいですし、多くなければできないこともあります。支援することで、自分も企画に参加できるっていうのはいいなぁと思ったわけです。

マステっていう、私の好きなものがリターンなのももちろん魅力でした。

誰でも、支援したら見返りを求めてしまうと思うんです。モノやお金じゃなくても、「支援してあげたんだから」って意識はどうしても出てしまうじゃないですか。TwitterのフォローとかRTとか感謝の言葉とか。何かしら見返りを求めてしまってお互いにスッキリしないなんて嫌ですもん。

その点、リターンに納得できるってのは重要だと思います。お金余ってる人は別かもしれませんが、私みたいな余裕はないけど共感したら支援したいなと思ってる層には大事です。

【2017.10追記】お礼のマステが届きました!

水面月

茉莉花公房さんより、お礼のマステが届きました。うっ、可愛い……。

企画の締め切りから発注などがあったようで2ヶ月弱かかりました。ちょっと忘れたころにこんなお礼が届くと、あったかい気持ちになりますね。

とんとん

支援して良かった!

支援のやり方

ということでポチっと支援!

送られてきた、もしくは検索した企画から『支援する』を押して支払方法を設定します。クレカでの支払いですが、mustercardとVISAしか使えない点には注意ですね。私の楽天カード(JCB)は使えず……残念!

カメラでカードを読み取ってくれるので楽ですね。もちろん手動入力もOK。

あとは最終確認で完了!速すぎるっ!!

支援をすると、このタイミングでお礼のメッセージが表示されます。企画がどう進んでいくか、楽しみですねぇ。

私がやってみたい使い道を考えてみた

批判するつもりはありませんが、不特定多数に拡散して個人的な支援を募るのは、やっぱりなんか違うよなぁと思ってしまいます。少なくとも私はその使い方をしません。

割り勘・集金に使う

飲み会やランチ会など、あらかじめ出欠を取りがてら集金するのに便利です。支援ではないのでリターンはなし。現金を集めるのは手間ですし、小銭がないとか端数をどうするかとか面倒ですよね。一括で同額集めてしまえば会計も楽です。

ライブやイベントのチケットも、会わずにまとめて買えるのはいいですね。

即日振り込みではなく最短1営業日後なので、早めの準備がオススメです。

イベントの企画

知らない人同士でもいいんですけど、定額の参加料をとる感覚で支援を募り、支援者をそのイベントに招待するという使い方。もちろん支援のみでもOKです。

たとえばホームパーティですかね、ハロウィンとかクリスマスとか。参加者は支援の形でお金を送り、支援された側は全力でもてなすとか。飾りつけとか料理とか、ホストは結構お金かかりますしね。

持ちよりだと金額を気にして探り合いをしたりと面倒なので、このほうがお互いに楽なんじゃないかと思います。

シェアした~い

今回私が支援した茉莉花公房さんのように、お金を集めて購入してみんなに分配する使い方です。

マステもそうですが、ハンドメイド系の材料とか商品化って、ある程度量があった方が良かったりしますよね。一個だと作れないなんてこともありますし。たくさん作って在庫だけ抱えるのもきついでしょうし、ここはpolcaの出番だと思います。

私の好きなコストコも超Bigサイズばっかりなんで、何人かでシェアできるなら買いたいけど……っていうものが多いんですよね。すぐに会える相手なら、私が買いに行くので支援してもらって、超Bigなお肉とか調味料とかを買ってシェアしたいですね。

使いまわしの出来るものもいいかも。季節パーティの飾りとか、年に一回しか使わないなんてもったいないですしね。どうせ季節パーティは仕事とかで当日にできることは少ないし、ハロウィン用のちょっと大きなパンプキンのオブジェとか、ママ友とシェア出来たらいいなーとは思いました。

あと、小さめの職場ならお金を集めてみんなで使うものを買うってのもいいですね。私の職場でも、お菓子募金なるものがありました。お菓子と空き缶が並んでいて、お菓子ご自由にどうぞ!良ければここに小銭で支援してね!みたいな。

使い方は自分次第

ダウンロードはしてみたものの、周辺の人が使っていなければなかなかおもしろいこともできません。よく飲みに行く人にはダウンロードを勧めてみよっかなーとは思いましたが、しばらくは稀に見つけた企画に支援する程度になりそうです。

結局私は、自分が関われることにお金を使いたいだと思います。

お金に余裕があれば超個人的な支援もいいとは思いますが、まだまだその域には行けませんね。

支援を募る側には……上に挙げたような使い道ならあるとは思いますが、「税金払えないので支援してください」とか悲しすぎますし娘に見せられないので止めておきます。何か人を巻き込んでできるおもしろいことがあれば、支援を募ってみようかな。

始め方はとても簡単ですから、私のようなアナログ主婦でも楽勝でした。気になった方と気軽に関わることもできますし、でも面倒な絡みはないのでその点も安心ですね。使い方次第では無限の可能性かも!

polcaが気になったら……

参考 polca公式サイトpolca

コメントはこちらへどうぞ