カークランドのウルトラソフト(柔軟剤)は香り◎でも容器イマイチ【コストコ】

KLウルトラソフト

ダウニーを使い切ったのでカークランドの「ウルトラソフト(柔軟剤)」を購入。油かな、と思うほど大きいのがコストコスタイルですが、5kgを超える柔軟剤は買うのにちょっと勇気が要りました。

しばらく使ってみましたが、中身はいいけど容器がちょっと残念……というのが正直なところです。

値段:5.53Lで1298円

ウルトラソフトは5.53L入り。コストコにあるダウニーの巨大ボトルでさえ約4Lです。ダウニーよりさらに大容量で買うのにためらいも出ますが、容器はスッキリ四角形なので威圧感は控えめです。

5.53Lは6~7㎏の洗濯物なら220回分1298円なので、1回の洗濯は約6円という計算になります。

洗濯1回当たりの値段比較

洗濯1回当たりの価格を主な柔軟剤と比較してみました。ダウニーはコストコの巨大サイズ、ソフランは1210mL入り(ネット最安値)で比べました。

カッコ内は1回分の洗濯物量の目安です。

  • ウルトラソフト 6円(6~7㎏)
  • ダウニー    13円(7~8㎏)
  • ソフラン    19円(6㎏)

カークランドは強いですね、安さが際立っています。もちろん1回分で示された洗濯物の量は各製品でバラツキがあります。正確な比較ではありませんが、ウルトラソフトが安いというのは間違いないでしょう。

注ぎ口はキャップとコック

KLウルトラソフト(注ぎ口)

ダウニーと違って、ウルトラソフトには注ぎ口が2つついています。

画像右側のネイビーの注ぎ口はキャップ式で、そのまま注げます。画像左側は倒して使うコック式の注ぎ口。かぶさっている透明のカップで量を測ります。

さすがに5L超えの容器は使い方を考えないといけません。直接注ぐのはなかなか難しいため、コック式があるのは便利です。置き場所や使い方によって使い分けられるのは嬉しいですね。

コック式は問題点も

KLウルトラソフト(置き場所)

コック式は便利と言いましたが、実際に使ってみるとちょっと残念な部分もありました。

まず液体のキレが悪くて垂れること。かなり水っぽいため、柔軟剤を出した後も時間差で1滴垂れることが多いんです。たかが1滴、されど1滴なんですよ。洗濯機の上に置いているため、洗濯機のフタにポタリ。気になります。

使うたび中の空気が抜けてしまうためか、ときどき出が悪いと感じることも。ちょろちょろ出ていると思ったら、急にボコボコっと音がしてドバっと出るんですよね。支障があるほどではないんですけど、もう少しスマートに同じ量で出続けてくれるとありがたいなと思っちゃいます。

計量用のカップもいまいち

ほとんどの柔軟剤はキャップで量を測りますが、液体がこびりつくことはありません。たまにカスが出るくらいでしょうか。

ウルトラソフト(カップ)

ウルトラソフトはプラスチックのカップで計量するのですが、このカップに柔軟剤がへばりつく。数回使ったらしっかり洗うようにしていますが割とめんどくさいです。しかもキャップと違って本体に付けておけないため、置き場所が必要です。

改良の余地あり。もう少し何とかならないのかなぁ。

香りとふわふわ感はGood

KLウルトラソフト(液の色)

容器の問題点を並べてきましたが、中の柔軟剤はとても良かったです。

色はミルキーなブルー。かなり水っぽいです。

香りは「the 洗濯物」。日本の柔軟剤よりはダウニーに近い感覚ですかね。液体を直にかぐと強い香りがしますけど、洗濯後の香りはそこまででもありません。花とかフルーツとかのいい香りではなく、きれいに洗った洗濯物の香りですね。私は好きです。

ふわふわ感も問題なし。ダウニーを始めいろいろな柔軟剤を使ってきましたが、ほかと比べて特に劣る感じはしませんでした。安くても質は良いです。

容器が変わればリピートしたい

値段と中身は満足。容器が改良されれば完璧ですね。

キャップを開けて別の小さめ容器に詰め替えるのが利口かもしれません。詰め替えの苦手な私は、多少の面倒を飲みこんでそのままコック式で使い切る予定ですが。

安い柔軟剤が欲しくてダウニーの香りも好きという人にはオススメですよ。

コメントはこちらへどうぞ