コストコのビーフバラ薄切りはストック推奨!厚みはあってもやわらかい

ビーフバラ薄切り

コストコ精肉の「ビーフバラ薄切り」

以前置かれていたビーフショートプレートバラ薄切りと似ていますが、このビーフバラ薄切りのほうがやや赤身感が強い気がします。

コストコの薄切りはスーパーの厚切り……なんてこともありますが、これはちゃんと薄切りで丼にも炒め物にも使いやすいです。

普段使いにもってこいなのでたっぷり購入で冷凍ストックしておきましょう!

値段:100g158円はちょい高?

ビーフバラ薄切り(ラベル)

ビーフバラ薄切りは100g158円

普段は100g120円の牛バラを使っている我が家にとってはちょい高めです。

ただ安いお肉って質もお察しなんですよね。

ビーフバラ薄切り(肉質アップ)

コストコのビーフバラ薄切りは、もしスーパーにあったら200円以上するだろうなって品質です。

激安というわけではありませんが、コストパフォーマンスは良いと思います。

料理に使いやすい厚さ

ビーフバラ薄切り(広くしっかりしたお肉)

薄切りとは書いてありますが、スーパーで売られている薄切りよりは断然厚みがあります。

ちゃんと1枚1枚のお肉に脂と赤みがついていて、安いパックにありがちな脂ばかりというお肉はありません

ビーフバラ薄切り(細い肉)

ただたまにやたら細いお肉はあります。

端切れなんですかね。食べられるサイズではありますが、「おっ」となります。

脂は少なめ赤身感

ビーフバラ薄切り(焼いたときの質感)

食べやすい大きさに切って油をひかずにフライパンへ入れました。

脂っこくない感じ、伝わるでしょうか?

赤身の中に脂の甘みも感じられる良いお肉です。

我が家の使い道を紹介

味も厚みも使いやすいので、普段使いの牛肉として重宝しています。

野菜と炒める

ビーフバラ薄切り(オイスター炒め)

冷蔵庫にある野菜と炒めるのは定番の使い道ですよね。

我が家ではオイスターソースやしょうゆ × みりんで味つけすることが多いです。

ビーフバラ薄切り(かぼちゃと炒めた)

春はブロッコリー、夏はピーマン、秋はかぼちゃ、冬はねぎ。

季節の安い野菜と炒めれば家計も助かりますし何よりおいしいです。

おなかにたまるスープ

ビーフバラ薄切り(スープ)

韓国のソルロンタンをイメージした牛肉スープです。

水で軽く洗った牛肉と冷蔵庫にある野菜を適当に入れ、しょうゆと塩こしょうで味つけしました。

とんとん

画像は大根、サニーレタス、えのきです

ごはんと卵を入れればメインごはんになりますし、しょうがやにんにくを入れれば体も温まって冬向きのスープになります。

意外とさっぱりしているので朝ごはんにも良いかもしれません。

保存は冷凍で

ビーフバラ薄切り(冷凍保存)

約2㎏の大容量なので冷凍保存で長持ちさせます。

1食分ずつラップで包み、ジッパーバッグに入れて冷凍庫へ。

我が家では炒め物に使うことがほとんどなので、食べやすい大きさにカットしてからラップしています。

使うときに包丁もまな板もいらないので日々のちょっとした時短になるんですよね。

ストックしたい良質牛肉

158円は安くないので買うかどうか迷うかもしれませんが、買ってOKな牛肉です。

158円でこの肉質、スーパーじゃ買えないと思います。

冷凍ストックしておけば、日々の夕食作りの強い味方になりますよ。

コメントはこちらへどうぞ