コストコのさくらどり手羽元はフライパン調理のみでも買って正解

さくらどり手羽元

コストコで人気のさくらどり。コスパの良いさくらどりむね肉をヘビーリピートしていましたが今回は「さくらどり手羽元」を購入。

手羽元自体を年に数回しか買わないためレシピが思いつかず煮込み一辺倒でしたが、2.4㎏の大容量も楽々使い切っちゃいました。おすすめです。

値段:100g56円で安めライン

さくらどり手羽元(パックのサイズ)

さくらどり手羽元はむね肉やもも肉と同じく2.4㎏入りです。よく見ると大きな1パックに入っているのではなく、4パックに分かれています。ただ、量を考えると冷凍保存必須なのであまり意味は感じられないんですけどね。

値段は2.4㎏で1338円、100g当たりだと約56円なのでまぁ安いラインじゃないでしょうか。激安系のスーパーだと30円台もあるので激安と前は言えませんが、買って損をする値段ではないように思います。

色良し形良し

さくらどり手羽元(肉のサイズ)

100g当たり56円でも買って損はしないという理由はお肉の質です。

まずひとつひとつにお肉がしっかりついています。形も良いですよね。

さくらどり手羽元(肉質)

肉の色もきれいなピンクです。さくらどりと言うだけはありますね。ハリや弾力もあるので良いお肉です。

激安で買った手羽元にがっかりした経験もあるので、値段に加えてやっぱり質も見ないとなぁという実感があります。この肉質で100g56円ならコスパ良しです!

我が家の煮込み特化レシピ

手羽元と言えば煮込みかチューリップ型フライドチキンしか思いつかないのですが、揚げるのは面倒だしうまくいかない気がしたのですべて煮込み系で消費しました。

しかも我が家には圧力鍋がないため、使ったのは深めのフライパンのみです。

下ごしらえはお肉の骨に近いところに切り込みを1本入れるだけ。本当は塩コショウとかもしたほうが良いのでしょうが……面倒なんですよね。

ローストチキン風煮込み

さくらどり手羽元(ローストチキン風)

フライパンで焼きつけた手羽元に、しょうゆ、みりん、砂糖を煮絡めた「手羽元のローストチキン風」です。リッチな味で夫にも好評でした!

▼参考レシピ

フライパンで手軽に!手羽元のローストチキン風
 
子どもでも食べやすい、鶏手羽元を使ったフライパンで作るローストチキン風の一品です。簡単に作れるので、子ども達が大勢集まるクリスマス会などにおすすめです。

甘辛煮込み

さくらどり手羽元(甘辛煮込み)

お酢としょうゆで煮た「甘辛煮込み」。ガツガツと食べたいごはんに合う味です。

ぽん酢煮込み

さくらどり手羽元(ぽん酢煮込み)

調味料を測るのがめんどうな私の必殺レシピが「ぽん酢煮込み」です。ぽん酢と水をだいたい同じくらい、手羽元が浸るくらいまで入れて煮込むだけです。CMでもおなじみですよね。

ちなみに我が家ではコストコで買った味ぽんを愛用中です。

ジッパーバッグで冷凍保存

さくらどり手羽元(冷凍用)

2.4㎏の手羽元です。すぐには使い切れないので、ジッパーバッグに入れて冷凍保存します。

ほかにおかずがある前提ですが、大人1人前の目安は3,4本かなと思います。1食分ずつ小分けして冷凍すると使いやすいです。

下ごしらえとして、お肉の骨に近いところに1本切り込みを入れておきます。煮込みは特にこの切れ込みから味が染みていくので、煮込みが多い人は特にやっておくと良いですよ。まとめてやっておいたほうが、調理時に楽できますし。

すぐなくなるからリピ希望

今回はささっとすべてを消費してしまいましたが、せっかくならもっといろいろなレシピを試してみたかったです。チューリップにもチャレンジしたい気持ちはあります。

2.4㎏は多いとは感じませんでした。骨もありますしそこまで大容量ではないですね。

手羽元の煮込みはほったらかし料理なので意外と簡単です。料理が苦手な人にこそおすすめですよ!

コメントはこちらへどうぞ