コストコのダークチョコナゲッツ(ココナッツ)はカフェオレにも合うざくざく感

ダークチョコナゲット

コストコのお菓子エリアで購入した「ダークチョコナゲッツ(ココナッツ)」。チョコでがっつり固めてありますが、甘さはほとんどなしでナッツ好きの私にヒットしました。

同じくココナッツを使ったオーガニックお菓子「ココナッツクラスター」と同じ会社の商品です。値段が少し気になりますが、ナッツ好きにはたまらないお菓子です。

ココナッツクラスターリピートの予感!コストコのココナッツクラスターは止まらなくなる

値段:実は安い?500g1780円

大きな袋に入っていますが、中身は500gで1780円です。普段買うチョコはせいぜい数百円なので、1780円はちょっと高いというか、買いづらいと思ってしまいました。サイズが違うと分かってはいるんですけどね。

内容量500gはコストコだとお手頃サイズって思っちゃったんですけど、ちょっとマヒしてるかも。たとえばスーパーのアーモンドチョコは、シェアパックとかファミリーサイズで200g弱です。その2倍以上入っているわけですから、お手頃なわけない……。

100gあたりにすると356円ですからナッツ系チョコだと高めの価格帯ですが、オーガニック商品でココナッツやチアシードなど中身も豪華ラインナップ。そう考えるとむしろ安いと言って良いかもしれません。

ココナッツなど4種のナッツ

英語で「かたまり」を意味するナゲッツ(単数形:ナゲット)の名前の通り、4種類のナッツがかためられています。

  • ココナッツ
  • かぼちゃの種
  • ひまわりの種
  • チアシード

パッケージを開けて一番香りが強かったのは、やっぱりココナッツでした。チョコレートと同じかそれ以上、ぶわあっと香りが広がりました。

溶けやすいので箸推奨

ダークチョコナゲット(サイズ)

サイズはバラバラで、板状のものも一口サイズのものも入っています。

チョコは溶けやすいです。撮影のために1分ほど手に乗せただけで、手に接したところが溶けました。手がべたべたするのはちょっとなぁと思ったので、食べるときは箸を使いました。

本体自体も見た目ほどかたくはありません。箸でぐっとつつけば割れるくらいです。食感もかたまりのチョコではなく、刻んだココナッツの感じ。ざくざく食べられます。

ダークチョコで甘さナシ

ダークチョコナゲット(盛付)

ダークチョコなのでそこまで甘くはないだろうと予想しましたが、予想以上でした。チョコの香りはガッツリあるのに甘みはほぼゼロに近く、後味はナッツだけです。ダークチョコの苦みもないので、チョコレート食べた感じがしないんですよね。

ライスシロップを使っているのも、甘さがほぼない原因かもしれません。ナッツをかためるのに使っているのがライスシロップのようなので、はちみつやメープルのようなダイレクトな甘さじゃないんです。

スイーツとして買うと期待外れだと感じるかも。私も多少の甘さを予想して初めはストレートティーを用意しましたが、カフェオレやミルクティーなんかの甘いドリンクでもOKですね。お酒でもいける味です。

甘いのが苦手、ナッツの味が好き、穀物のザクザク食感が好きという人に向けたチョコだと感じました。オーガニック商品ってとこからも分かりますけど、スイーツではなさそうです。

とんとん

私の好みド真ん中!

ナッツ好きは “買い”

チョコ好きよりもナッツ好きがハマる味です。チョコはあくまでサブ。メインはココナッツであり、ナッツの味を十二分に楽しむお菓子でした。

ナッツ好き、特に同じ会社のココナッツクラスターをおいしいと感じた人には超おすすめです!

コメントはこちらへどうぞ