コストコレモンは8玉入りでも買う価値あり!レモン汁より断然おいしい

レモン

コストコ青果コーナーで見つけた「レモン」。

激安というわけではないけれど、やっぱりレモンは料理をおいしくしてくれる。買って正解な商品でした。

値段:1玉80円はやや安い

レモン(ネットの中)

コストコレモンは8玉入りで638円、1玉あたりで計算すると約80円です。

近所のスーパーではPBレモンが2玉214円で売っていました。ネットでも1玉100円ちょっと。それと比べるとコストコ安いですね。

レモン(サイズ)

安いレモンは手のひらに収まりそうな小ささだったりするのですが、コストコのレモンは大きいです。

もちろん皮がやけに厚いわけではなく、むしろ薄い。身の部分もしっかりつまっています。

酸味控えめでそのままでも

私は昔からレモンが大好きで、サラダやお肉に絞った後のレモンを食べていました。丸かじり、おいしい。

そんなレモンマイスターの私ですが、コストコのレモンは酸味が控えめでまろやかだと思いました。レモンの風味はしっかりしているんですけど、尖った酸味や苦みがなく食べやすいなと。

とんとん

丸かじり向き!

そのままでも渋い顔をすることなく食べられます。

我が家の使い道

そのまま食べてもおいしいとはいえ、やっぱり我が家でも基本は料理に使います。

お肉と炒める

レモン(豚バラレモン炒め)

さっぱりレモンはお肉の脂と相性が良いですよね。

コストコの豚バラと一緒に炒めて塩コショウで味つけしました。皮ごと炒めるので、一応調理前に表面を水洗い

レモンの酸味とふわっとした苦みが食欲をそそります。レモン汁よりずっと風味も味も良くなります。

炒め物に絞る

レモン(中華レモン丼)

豚バラとニラ、えのきなどを中華スープの素で炒めてゴハンに乗せ、最後にレモンを絞った「豚バラレモン丼」。

炒めるときにもレモンを入れているので、いわゆるWレモンです。にんにくをガッツリ効かせたので、夏バテ中の食欲アゲアゲスタミナ丼になりました。

塩レモンだれを作る

レモン(レモン塩だれ)

絞ったレモンを使った塩レモンだれは肉にも魚にも野菜にも合う万能だれです。レモンのほかにレモン汁、塩、中華スープの素、ごま油を混ぜて作りました。

お肉はコストコの牛肩ロース切り落としで赤身多め。スッキリした酸味の塩レモンたれで、お肉もごはんもどんどん進みました。

お酒に合わせる

レモン(ウォッカトニック)

私の大好きなカクテル、ウォッカトニック。ウォッカにトニックウォーターを注ぐだけなので、自宅でも簡単に作れます。

グラスにつけたレモンを飲む直前に絞れば、スッキリした飲み口で食事にも合うカクテルに。レモン汁でもいいんですけど、やっぱり生レモンを絞ると味は格段に良くなります。

絞り器があれば生搾りレモンサワーに使うのもアリですね。

買ってOKの良品

レモン8玉は使い道に困るかなぁと少し不安もありましたが、料理に使うとどんどん減ります。

賞味期限は分かりませんが、買って2週間ほど冷蔵庫に入れていてもジューシーな状態を保っています。割と長くもちそう。

8玉という大容量にためらうかもしれませんが、買って大丈夫です。どうしても使い切れないようならカットして冷凍しても良いですしね。

生レモン、やっぱりおいしいですよ!

コメントはこちらへどうぞ