コストコで発見!韓国うどん「カルグクス」は予想以上に辛かった

カルグクス

コストコのチルドコーナーで発見した「カルグクス」。

韓国の企業プルムウォン(Pulmuone)の商品です。

同じくコストコで買える韓国冷麺チーズトッポギも同じ会社の商品です。

元々カルグクスは辛みのない優しいうどんらしいのですが、プルムウォンのカルグクスはかなり辛い。

きしめんのような独特の食感にさわやかで辛みのあるスープ。とてもおいしかったです。

値段:1食400円はちょい高?

カルグクス(袋の中身)

カルグクスは2食入りですが、1食ずつパックされています。

1食ずつ2回に分けて食べられるのはありがたいですよね。

ひとりランチにぴったり。

2食入って798円なので1食約400円

家で食べるうどんにしてはやや高いですが、カルグクスのスープなんて自分では作れません。

安くはないけど、高いというほどではないかなと思いました。

作り方は「煮込むだけ」

作り方は日本語ですが、それぞれのパックに書かれているのは韓国語だけ

イラストだけでは分かりづらく、触り心地で判断できるとは言えちょっと不親切かな。

カルグクス(中身の説明)

濃い赤の袋は濃縮スープ、茶色い袋はふりかけ、黄色い袋は乾燥具材です。

順番に入れて煮込むだけなので、作り方は簡単です。

カルグクス(スープの色)

まずは水と濃縮スープ(赤い袋)を入れて沸騰させます。

かなり赤くて辛そう。

1人前の水の量は600mlとかなり多めです。

我が家のラーメン丼では入りきらずあふれてしまいました。

カルグクス(麺を入れて煮込む)

沸騰したら麺をほぐしながら入れ、乾燥具材(黄色い袋)も入れて煮込むこと5分30秒。

器に盛ってふりかけ(茶色い袋)をかければ完成です。

ふりかけはえごま油の染み込んだ刻みのりとごま

香りが良く、食欲をそそります。

味は辛いけど食べやすい

カルグクス(完成)

本当ならしいたけやねぎなどを乗せれば良かったのですが、面倒だったので麺だけ。

ちょっと寂しい感じもありますが、とにかく手間をかけたくなかった結果です。

スープは深い味。そしてかなり辛みが強いです。

うどんだからと油断してました。

すっきりと爽やかな辛さですが、辛みそ系のコクがある味です。

後から辛みがくるタイプで、舌にビリビリくるタイプではありません。

辛ラーメンとは違うタイプの辛さです。キムチチゲのほうが近いかも。

体の中からぐわっと熱くなって、汗もたくさん出ました。

冬に良い……。

麺はきしめんに近い食感

カルグクス(麺)

カルグクスという名前は「カル=包丁」「グクス=麺類」からきています。

そういえばパッケージにも「切り出しうどん」と書いてありました。

日本で食べるうどんとはちょっと食感が違いました。

もちっとしてはいますがコシはないです。

きしめんに近いかも。

するする食べられました。

簡単ごはんにも良し

麺もうどんも食べやすくて気に入りました。

次回はちゃんと具材も用意して、具たっぷりのうどんとして食べたいなと。

リピート歓迎ですが、ちょっとだけ値段は気になります。

自分で作るうどんで1食400円か……と思っちゃうんですよね。

乾燥具材もふりかけみたいなもので、ほとんど存在感ないですし。

味も良いし作り方も簡単なので気になったら買ってOKですが、リピートは財布と要相談ですね。

コメントはこちらへどうぞ