アレンジが楽しい!コストコのハワイアンチョップドガーリックオイル

ハワイアンチョップドガーリックオイル

コストコ調味料エリアで見つけた「ハワイアンチョップドガーリックオイル」

ハワイの定番グルメであるガーリックシュリンプが簡単にできるオイルです。

が、ガーリックシュリンプ以外にもいろいろ使える便利なオイルでした。

値段:480g899円

ハワイアンチョップドガーリックオイル(サイズ)

ハワイアンチョップドガーリックオイルは480g入りで899円

フレーバーオイルと考えたら安いと思います。

500g(500ml)サイズのフレーバーオイルを買うと、1000円くらいは普通にしますからね。

ペットボトルサイズ

ハワイアンチョップドガーリックオイル(サイズ比較)

480gって、コストコにしては小さいですよね。

持ち歩き用のペットボトルや我が家のめんつゆやレモン汁と同じサイズなので、保管はしやすいです。

シンプルなガーリックオイル

味はシンプルなガーリックオイルです。いろいろな料理に使えます。

ガーリックシュリンプが作れるオイルですが、オイル自体にはエビは入っていません

食塩は含まれていますが、塩味もほとんどないです。

調理するときは塩こしょうなどで味つけが必要です。

ハワイアンチョップドガーリックオイル(オイル)

原材料には唐辛子と書かれていてよく見ると赤い粒も確認できますが、辛くないです。

いろいろと調理に使いましたが、基本的に火を通して使っているからでしょうか。

私も娘も辛味を感じたことはありません。

娘も何も言わずバクバク食べていたので、辛いのが苦手な人でも大丈夫です。

ガーリックが出てこない

ハワイアンチョップドガーリックオイル(ガーリックの粒)

ペットボトルタイプで液だれもせず使いやすいですが欠点がひとつ。

底にたまっているガーリックが全然出てこないんです。

振ればすぐに浮き上がってきますが、フタを開けようと垂直に戻した瞬間に沈んでしまいます

たとえばアヒージョのようにオイルをどぼどぼと使うなら出てくるかもしれませんが、炒める程度の量だとダメですね…。

背が高くて口が狭いので、スプーンも入れられません。

最初のほうは「風味程度のガーリックオイル」として使うしかないのがちょっと残念な点です。

広口のビンに移し替えれば解決しますが、保管はボトルのほうが楽なんですよね…。

我が家のアレンジを紹介

フレーバーオイルとしていろいろとアレンジしてみました。

炒め物

ハワイアンチョップドガーリックオイル(ジャガイモ炒め)

基本のガーリックオイル炒めです。

下ゆでしたじゃがいも、ブロッコリー、きのこ、ソーセージなどと炒めるだけ。

味は塩こしょうで調えました。

ハワイアンチョップドガーリックオイル(ソーセージとほうれん草炒め)

ソーセージやほうれん草も合います。

塩こしょうで炒めておいしくなるものならなんでもOKですね。

チャーハン

ハワイアンチョップドガーリックオイル(チャーハン)

温めたオイルに具材とごはんを入れて、味付けは塩こしょうのみ。

シンプルな味付けですがとてもおいしいです。

普段は中華だしを使うんですけど、こっちのほうが娘の食いつきが良かったです。

ガーリックトースト

ハワイアンチョップドガーリックオイル(ガーリックトースト)

かなり中毒性の高い料理です。

ディナーロールを半割にし、ガーリックオイルを塗って焼くだけ。もちろん食パンでもOK。

いくらでも食べられます。

私は思わず4つ分食べてだいぶおなかが大変なことになりました(笑

料理が苦手でも使える

私のアレンジはどれもシンプルで簡単な料理です。

シンプルなフレーバーオイルなので、使い道に困るということはないと思います。

料理が得意でも不得意でも、ちゃんと消費できます。

使い道が思いつかなくとも、気になったらためしに買ってみて大丈夫です!

コメントはこちらへどうぞ