アレンジいろいろ!香ばしグリエハンバーグは冷凍で便利【コストコ】

グリエハンバーグ

コストコ冷凍食品の隠れた便利アイテム「香ばしグリエハンバーグ」。私もすでにリピートです。

コストコで冷凍食品と言えば唐揚げ餃子が定番ですが、実はハンバーグもアレンジしやすく便利なんですよね。ハンバーグは大人も子供も大好きですし。

ニチレイの冷凍ハンバーグ

コストコで売ってはいますが、販売元はあのニチレイです。我が家では冷凍食品だと唐揚げやチャーハンをよく食べますね。おいしいです。

ニチレイなのでサイズ感や味は折り紙付き。はじめて買うときもハズレることはないだろうと安心して購入できました。

120gのハンバーグが1枚140円

グリエハンバーグ(パッケージ中)

グリエハンバーグは1200g入りで1398円です。中には1枚120gのハンバーグが10枚入っています。1枚当たりで計算すると140円ですから、激安というほどではなくとも安いほうだと思います。(しかもニチレイ)

パッケージの中には凍ったハンバーグがバラバラと入っています。個包装ではありませんが、ひとつずつ取り出しやすくなっています。くっつかずに入っているのはポイント高いですよね。

ふっくらジューシー

冷凍ですが、ハンバーグ自体はふっくらしています。ときどき1個100円くらいの冷蔵ハンバーグを買うのですが、そういうのより断然おいしいです。

肉汁が流れ出る、というほどではありませんがジューシーです。良い意味の肉っぽさというか、お肉を食べているという感じがあります。厚みもある、しっかりとしたハンバーグです。

フライパンでも温めOK

グリエハンバーグ(温め方)

パッケージの裏には「オーブン、フライパン、煮る、蒸す」という4つの場合の温め方が書かれています。

我が家では7:3の割合でフライパン調理と煮込みハンバーグとしての調理で使っています。簡単なのが一番です。

フライパンで温める場合は調理前に解凍しておきます。これが意外と忘れやすいんですよね。半日前に冷蔵庫に入れておくか、常温で2時間ほど置いておけば解凍できます。

煮込むときは温めたソース類にそのまま入れるだけなので簡単です。カレーにもシチューにもドボンでOKとは、ズボラがはかどりますよねぇ。

我が家の簡単アレンジを紹介

グリエハンバーグ(ベーシック)

焼いてソースをかけるだけでも十分おいしいのですが、せっかくなのでいろいろな使い方をしてみました。

ちなみに画像のハンバーグソースは、フライパンに残った肉汁にケチャップとウスターソースを1:1で混ぜただけのものです。これだけでもごちそうになるのがスゴイ!

入れるだけの煮込みハンバーグ

グリエハンバーグ(シチュー風)

ハッシュビーフやビーフシチューの素を使えば、簡単に煮込みハンバーグができます。具材を炒めて水とルーとハンバーグを入れるだけなので、失敗しません。

具材には玉ねぎやしめじを入れてみました。野菜なら何を入れてもそれなりの味になるという懐の深さも素晴らしい。

ボリューミィなサンドイッチ

グリエハンバーグ(サンド)

同じくコストコで購入したクリスタルブレッドを使ってサンドイッチも作ってみました。グリエハンバーグは厚みがあるので、びっくりするくらいのボリュームサンドです。お肉のジューシーさが、ややハードなパンによく合います。

小さく切ってディナーロールに挟むのも良さそうですね。

IKEAとコラボ

グリエハンバーグ(IKEAソース)

コストコ新三郷店の近くにはIKEAがあります。そこで買ったミートボール用のソースがあったので、ハンバーグにかけてみました。

ちなみに画像はソースがダマになってしまっていますが、すべて私の不器用さが原因です。

グリエハンバーグ(ブラウンソース)

ベージュ色のクリーミーなソースです。ミートボール用なので、同じひき肉仲間ってことですよね。合わないはずがありません。コクがあって優しい味で、めちゃくちゃおいしかったです。

IKEAのソースは粉末で、生クリームを入れて作ります。ちょっとばかし面倒ですが、その分味はバッチリでした。

常備したい優秀ハンバーグ

アレンジもしやすく調理も簡単。冷凍なので日持ちもします。

見栄えのするメイン料理がちゃちゃっとできるので重宝しています。忙しくてハンバーグを作る時間も気力もないという人には特におすすめですよ。

コメントはこちらへどうぞ