温めるだけで本当にエビチリ!コストコで買えるエビのチリソース

エビチリ

コストコ冷蔵レトルトエリアで発見した「エビのチリソース」

私が激押ししているおつまみのするめスティックと同じくゴーショクの商品です。姉妹品にエビのマヨソースもあります。

湯せんで食感の良いエビチリが簡単に食べられるのは嬉しいです。ソースも残さず食べきりたい、食欲マシマシ商品でした。

値段:1食366円はお買い得?

エビチリ(ケースの中身)

ゴーショクのエビチリは3食入りで1098円です。1食当たり366円、レトルト食品と考えるとかなり安いと思います。

たとえば日本ハムの中華名菜シリーズのエビチリはゴーショクより40g多くて500円くらいです。エビとチリソースが入ったレトルトのエビチリで考えると、ゴーショクのは安いと言えそうです。

ちなみにバーミヤンでも1食799円(税抜)ですから、エビチリってとにかくいいお値段するんですよね。366円で食べられるのはありがたいです。

調理は湯せんかレンジ

エビチリ(サイズ)

ゴーショクのエビチリは湯せんかレンジで調理できます。レンジのほうが簡単ですが、火を入れすぎるとエビの食感が失われちゃうんですよね。湯せんのほうがふっくらプリッと仕上がる気がします。

パッキングされたエビチリは片手よりちょっと大きいくらいのサイズです。みそ汁用の片手鍋だとちょっと小さいので、煮物やポトフなどに使う両手鍋で湯せん調理しました。

ピリ辛でゴハンが進む

エビチリ(盛付)

パックの中身はエビとチリソースだけです。エビはけっこうたくさん入っていて、意外とボリュームがあります

エビの食感は残っています。さすがに中華レストランほどプリプリではありませんが、ちゃんとエビの噛みごたえあり。なんとなくですが、姉妹品のエビのマヨソースより食感が残っているような気もします。

ソースもたっぷりです。画像では分かりにくいですが、細かく刻んだ玉ねぎも入っています。食べるソースといった感じです。

辛みは「しっかりピリ辛」でした。エビチリってものによって辛みがバラバラですよね。ゴーショクのは少なくとも、エビ好きの6歳児が「辛くて食べられない」というくらいには辛かったです。

とんとん

辛みが好きな大人的にはおいしい辛さでした

エビチリ(エビチリ丼)

ソースはどろっとしていて、エビにしっかり絡みます。おかげでゴハンに乗せても沈まず、お米もびしゃびしゃになりませんでした。

ピリ辛ソースの絡んだゴハンはおいしいので、私は丼のほうが好きです。

エビマヨよりこっち!

姉妹品のエビマヨよりエビの食感が感じられました。エビマヨと迷うなら私はこっちを選びますね。子供が食べられるかは置いといて、ですが。

リピートするかと言われたら、エビ自体高いのでなんとも……という感じですね。モノに対するコスパは良いですが、エビは我が家で贅沢品なので気軽にはリピートできないです。

「夕飯をとにかく安く済ませたい」という人には向きませんが、家で簡単においしいエビチリが食べられる、という点ではおすすめですよ!

コメントはこちらへどうぞ