あれ?ココナッツ&パイナップルタルトはムースが甘すぎなくておいしかった

ココナッツ&パイナップルタルト

コストコの新商品「ココナッツ&パイナップルタルト」。店頭に並んだのは8月に入ってからで、ココナッツなんだから夏前から売ればいいのに……と思ったのですが、そういうもんでもないのでしょうか。

「コストコのケーキは甘すぎる!」という人も多く、確かに私も先入観がありました。大きいので外れたらツラいですもんね。試食をしないと怖くて購入できませんでした。

でも食べてみてびっくり。意外と甘さはそこそこで、おいしく食べられました!

どんなタルト?中身は?

ココナッツ&パイナップルタルト(アップ)

目を引くのはスライスパイナップルとゼリーのような膜。この膜はパイナップルナパージュというそうです。ナパージュはフルーツの上にかける透明のゼリーのことで、デコレーションの素材としてよく使われています。

ふちに絞られた白いクリームはシンプルな生クリームです。おや、ココナッツはどこかな??

ココナッツ&パイナップルタルト(カット)

カットすると分かるのですが、ココナッツは中にムースとして入っていました。タルト生地にココナッツクリームとホワイトチョコレートを混ぜたムースがたっぷり入っていました。

黄色と白のカラーリングも夏っぽくて、見た目もすてきですね。

値段:Bigタルトが1498円

ココナッツ&パイナップルタルト(ラベル)

タルトの重さは1695gです。タルトの1人前がどのくらいか、ちょっと調べた感じでは120gくらいなのでそれで計算すると……14人前⁈

さすがに計算がザル過ぎて何とも言えないのですが、軽く10人前くらいはあるように思います。なんせ大きい。

そのタルトが1498円ですから、かなり安いんじゃないでしょうか。もっと小さいホールケーキでも3000円はしますもんね。コスパに関しては申し分ないと思います。

意外にも甘さは普通

気になるのは味、なかでも甘さです。食べてみて思ったのは「意外と甘くない」ということ。クリーム類がもっと甘いかと思っていたのですが、まったくそんなことはなく。やや大味な感はありますが、おいしかったです。

生クリームはほとんど砂糖が入っていないんじゃないかな。完全にデコレ―ション用で、甘みは感じません。

ムースも、ホワイトチョコレートと聞いていたので甘いと予想していましたが、嫌ではない甘さ。ムースだけでもバクバク食べられます。

ココナッツ&パイナップルタルトの中でもっとも甘さを感じたのはパイナップルナパージュですね。コーティング用なのでしょうが、厚みがあるので甘さを強く感じました。

とはいえ1人前を食べるなら気にならない甘さ。おいしく食べられました。

ムースがシャリシャリでおいしい

ココナッツ&パイナップルタルト(ムース)

ココナッツ好きとして一番おいしいと感じたのはムースの部分です。よく見るとムースの中に細かい乾燥ココナッツがたっぷり入っていて、シャリシャリとしています。噛むとココナッツの香りと味が広がって、とってもおいしい。

ココナッツ食べてる感があるのが嬉しいですね。

切りにくいのはパイナップルのせい

ココナッツ&パイナップルタルト(断面)

難点を挙げるなら、やっぱり切りにくくて食べにくいということ。

まず表面のスライスパイナップルが切りにくい。すぐにズレてしまうので、包丁がまっすぐ入りませんでした。位置的に避けて切るのも難しいですからね。

中がムースというのも、難しさに輪をかけています。パイナップルを切ろうとちょっと力を入れれば、ムースが潰れてはみ出てしまいます。

ムースと言ってもクリーム状で包丁にもベタベタくっつきます。パイナップルのイエローにムースがついて、なんとも汚らしい断面になってしまいました。

しっかり冷やしたつもりでしたが、購入して早く食べたいと思ってしまったので足りなかったかな。キレイに切るならしっかり冷やさないといけませんね。できるなら冷凍庫で、凍る直前の少し固まる状態まで冷やすと良いかもしれません。

リピートしたい味

コストコでココナッツ系のケーキ(タルト)が出るのは久しぶりじゃないでしょうか。オレンジやナッツ類も合いそうです。またパターン違いも出てくれたらいいですね。

切りづらくてナパージュが甘いというマイナスの点もありますが、全体的な甘さは問題なく、ココナッツムースのシャリシャリ感も気に入りました。値段的にも買いやすいので、リピートしたいです。

ココナッツ好き、南国スイーツ好きにはおすすめです!

コメントはこちらへどうぞ