ビッグシェフのハッシュドビーフはトマト感強めの濃い味が美味【コストコ】

ビッグシェフのハッシュドビーフ

コストコチルドコーナーで見つけたビッグシェフの「ハッシュドビーフ」

なかなかインパクトのあるパッケージですよね。

ちょっと高いけど温めるだけでおいしいハッシュドビーフができるならと購入しました。

思ったより濃くて深い味でおいしかったですよ。

値段:1食346円は高い

ビッグシェフのハッシュドビーフ(箱の中身)

箱の中には1食分のパックが3つ入っています。

3食入って1038円、1食あたりだと346円です。

かなり高いと思いました。

ビッグシェフのハッシュドビーフ(パックのサイズ)

1食分は200gなので、スーパーでよく見るハヤシライスと量は大きく変わりません。

でもスーパーならほとんどが1食200円切るんですよね。

もちろんピンキリなので、同じ価格帯のものもありますけど。

ビッグシェフは346円ですからスーパーで買えるものの2倍近くと考えると……高いですよね。

MEMO

ちなみにハヤシライスとハッシュドビーフの違いは明確にはされておらず、イメージの違いがあるくらいだそうです。

参考:glico 豆知識コーナー

調理は湯せんかレンジ

ビッグシェフのハッシュドビーフは湯せんかレンジで温めて食べるタイプです。

湯せんで調理しましたが、5分で熱々になりました。

パックからするっと中身が出てきたのが地味にうれしかったです。

味はトマト感強め

ビッグシェフのハッシュドビーフ(盛付)

味はデミグラスソースよりトマト感が強かったです。

すっぱいわけではないのですが、フルーティーというかジューシーな味です。

夫は「ケチャップの味がする」と言っていました。

煮込んだトマトの深い味。旨味があります。

ビッグシェフのハッシュドビーフ(ハッシュドビーフのとろっと感)

画像では油っこく見えますが、まったくそんなことはありません。

もちろんデミグラスの甘みもちゃんと感じられますが、トマトの酸味のおかげで食べやすいです。

最後まで飽きることなく一気に食べられました。

すごくごはんが進む味、レストランっぽい味です。

ビッグシェフのハッシュドビーフ(具材)

具は薄めの牛バラと玉ねぎがたっぷり入っています。

やわらかく煮込まれていましたが、食感も残っています。

レトルトっぽい感じではなく、お店で食べるハッシュドビーフの味

お店で食べたらきっと1000円くらいすると考えたら、346円はむしろ安いのかもしれませんね。

値段以外はバッチリ!

レストランで食べる味のハッシュドビーフ。

1食346円というのはかなり高いのですが、味はとても良かったです。

深くて濃い味。自分でルーを使って作っても、なかなかこの味にはならないんですよね。

値段さえ納得できれば買いの商品です。

冷蔵保存で賞味期限は購入から4ヶ月ほどありました。

夕食作りでラクしたいけどおいしいものは食べたい、という人にはドンピシャでハマると思います!

コメントはこちらへどうぞ