コストコのbibigoチヂミの素は作り方簡単で子供との昼ごはんに最適

チヂミの素

コストコで見つけた「bibigoチヂミの素」。bibigoブランドを持つCJジャパンの公式サイトによると、このチヂミの素は「コストコ限定」なのだそうです。限定品ってひかれますよね……。

参考 【コストコ限定】bibigo韓飯 チヂミの素CJジャパン

値段は高くなく、作るのも簡単でおいしかったです。

値段:558円で高くはない

2人前×2回分で計4人前入って558円です。粉物の値段ってちょっと高いなぁと感じてしまうんですよね。今はチヂミ粉は100均でも売っていますし。

とはいえbibigoというブランドで本格的な味だと考えれば、4人前で558円はまぁ高くはないのかなとも思います。

混ぜるだけ!作り方は簡単

チヂミの素(パックの中身)

パックの中には具材煎り調味料とチヂミの粉、そしてチヂミのたれがそれぞれ2回分入っています。

チヂミの素(調味料のにんじん)

具材はにんじん、たけのこ、ひらたけと書いてありましたが、ご覧の通りほぼにんじんです。たけのこも小さめで食べやすくカットされています。

作り方は調味料と粉を混ぜてニラを入れて焼くだけです。調味料と粉は混ざりやすかったし、薄くても生地はしっかりしているのでひっくり返すのも難しくありません。作り方は本当に簡単でした。

ただ、にんじんは加熱してあるうえに細切りなので、混ぜているうちにグズグズになってしまいました。食感や味はほとんどありません。ニラはドカンと大量に入れ、ほかにも何か具材を入れないとちょっと寂しいチヂミになってしまいます。

タレは辛みなしのさらっと味

チヂミの素(完成したチヂミ)

フライパンで作りましたが、もちもち感もあっておいしかったです。何度か韓国料理屋などでチヂミを食べたことはありますが、こんな感じの味だった気がします。

チヂミって見た目はお好み焼きに近いですけど、味は違うんですよね。しょうゆ系というかダシ系というか、さらさら食べられる味です。

一緒についているたれは唐辛子が入っていますが、まったくもって辛みはありません。6歳の娘も気づかなかったようです。りんご酢が入っていて、まろやかな酸味と甘みがあります。このたれ、すすりたくなるほど好みです。

チヂミの素(えびチヂミ)

さらっと食べられる分ボリュームがちょっと寂しいです。ニラだけだと物足りない……ということでえびを入れました。えびのぷりっとした食感がもちもちのチヂミによく合います。

ほかにはお肉やかぼちゃなどを入れても良さそうです。チーズも鉄板ですよね。結局おいしければ何を入れてもOKですね。実際に韓国ではいろいろな物を入れてチヂミを楽しんでいるそうで、前夜に残ったおかずを入れちゃったりすることもあるんだとか。日本のお好み焼きとこの辺は同じなのかも。

ほかにオカズは必要

4人前を作って昼ごはんとして家族3人で食べました。チヂミだけでほかにおかずやゴハンはなし。結果、3人で4人前のチヂミではなんだか物足りないという量でした。急遽ラーメンを1袋作ってみんなで食べちゃいました。

メインにするならほかにしっかりとおかずやスープがあったほうが良いです。サイドメニューとしてなら、3,4人で1枚(2人前)で十分かも。何をもって2人前と定義しているのかしら……。

常備用にリピート希望

作り方が簡単でさらっと食べられるのが魅力です。子供との昼ごはんを作らなければいけない夏休みなんかに重宝するなと感じました。冷凍のからあげやポテトを添えればメインになりますしね。

賞味期限は7ヶ月ほどあります。子供も好きな味だし、「ごはんがない!麺もない!」って日の昼ごはんのために、ひとつストックしておくと便利だなと思いました。お子さんのいる家庭には特におすすめですよ!

 

コメントはこちらへどうぞ