意外と簡単!コストコのミスジステーキの下処理とアレンジまとめ

ミスジステーキ

コストコの精肉、質が良いのに値段は抑えめなのでたくさん買いたい気はするんですが、いかんせん下処理とか保存法が心配になっちゃうんですよね。買うなら気合を入れて臨まないとです。

そんな感じでふらっと「ミスジステーキ」を見ていたらたまたまお客さんの中にお肉屋さんがいて。「同業だけどこの値段でこの質は買いだよね」と言ってたので、ついつい私もカートイン。店員さんとお肉屋さんから聞いた情報を駆使して、不器用ながらもなんとか下処理をしておいしく食べきりました。

肉屋が太鼓判の激安価格

ミスジステーキ(ラベル)

私が買った日の値段は100g当たり208円。希少なミスジという部位でこのお値段は激安だそうです。私は牛肉の値段には疎いのですが、お客さんとして来ていたお肉屋さんが言うにはかなり安いとのことです。

部位はよく分かりませんが、おいしい牛肉が208円というのは安い気がします。

下処理でスジと肉に分ける

ミスジステーキ(1枚)

ミスジステーキの特徴は中心に入ったスジ。だいたいのお肉にくっきりとスジが入っています。そのまま食べるとこのスジが気になっちゃいますよね。

だから下処理でしっかり取り除きます。

ミスジステーキ(スジ取り)

魚の三枚おろしみたいですね。スジに沿って包丁を入れ、スジとその両サイドのお肉の3パーツに分けます。

スジも煮込んで食べるため、そこまでギリギリに取る必要はありません。むしろ少しお肉がついているくらいがおいしいかも。

ミスジステーキ(サイコロカット)

ザクザク切ってサイコロ状に。そのまま焼いてタレをつけて食べます。お肉の味がよく分かるカットですね。

ミスジステーキ(細切り)

細切りは野菜や春雨なんかと炒めるときに重宝します。たいして細くないし長さもバラバラなのは性格上の問題もあります。

ミスジステーキ(薄切り)

薄切りも使い勝手が良いですよね……と言ってもあまり薄くはないんですけど。ちゃんとした肉切り包丁でもないし、そこまできれいには切れませんでした。

ミスジステーキ(スジ)

スジはひとくち大にします。煮込み料理に使うこともあり、割とお肉がついた状態になっています。

1食分ずつ冷凍保存

切ったお肉やスジは1食分にし、ジッパーバッグに入れて冷凍庫へ。メインに使う量のほか、サイドメニューに使う少なめのものも作っておくと便利です。ひとりゴハンにも使えますしね。

煮込めばスジもとろとろに

牛肉の味の違いはそこまで分からない人間ですが、コストコのミスジステーキはおいしかったです。

そのまま焼いたときは牛肉感がすごくって、「肉食べてるううう!」という感じですね。

ただ、料理が得意とは言えない私にとっては焼き加減が難しいので、やっぱり煮込みにしたほうがおいしかったです。しっかり煮て柔らかくなったお肉やスジは絶品でした。本当にスジ感がなくてとろっとろ。全部煮込んでも良かったと思うくらいです。

我が家のアレンジを紹介

我が家には圧力鍋も土鍋もないので、フライパンと普通のステンレス鍋を駆使して調理しました。

肉を味わうサイコロステーキ

ミスジステーキ(マッシュルームと焼いた)

サイコロカットしたお肉はマッシュルームと炒めました。少しバターを入れて香ばしさを出し、クレイジーソルトやわさび醤油でいただきます。

シンプルで簡単な分、お肉の味がしっかりと分かる料理です。

野菜と炒める

ミスジステーキ(ねぎ炒め)

細切りにしたお肉はねぎと炒めました。ちょっと焼きすぎて反省。味付けはシンプルににんにく醤油です。

つまみにしたい味噌煮込み

ミスジステーキ(味噌煮込み)

田舎味噌を使って味噌煮込みに。人参、白菜、大根と一緒に半日煮込みました。

お肉もスジもとろとろになったので、いくらでも食べられると思いました。

2日目のおでんをリメイク

ミスジステーキ(おでんにスジ)

残ったおでんにスジを入れてリメイク。牛の旨味が出て、おでんとはまた違う煮物に変身です。

唐辛子を振って食べるのがおすすめです。

旨味があふれるビーフシチュー

ミスジステーキ(ビーフシチュー)

市販のルゥを使ったビーフシチュー、一番人気の料理でした。「買ってきたミスジ全部これにしてもいいくらい!」とは夫の感想です。

リピ買い推奨の高コスパ品

くさみもなく柔らかい。軽く下処理するだけでおいしく食べられました。味と食感とを考えると確かに安いです。品質良しで価格は控えめ、いわゆる高コスパですね!

いろいろと試してみたい料理もありますし、リピート決定ですね。たいして料理が上手でなくともおいしく食べきることができるので、精肉初心者にもおすすめですよ。

コメントはこちらへどうぞ