コストコデリカ「エビのチリソース炒めキット」は神!自分で作るの卒業します

エビのチリソース炒めキット

コストコデリカ「エビのチリソース炒めキット」

自宅で簡単にエビチリが作れるキットです。

チルドのエビチリを試したときも思ったんですが、やっぱりエビチリはエビの食感が命ですよね。

エビの食感も良くソースもたっぷりのキットなので、私は大当たりだと思いました。

値段:1240g1998円はちょい高

エビのチリソース炒めキット(ラベル)

エビのチリソース炒めキットは1240gとたっぷり入って1998円

買うときはこんなものかなと思ったのですが、よく考えたら半分はソースなんですよね。

実際にメインおかずとして食べてみると、4食分くらいのボリュームでした。

1食あたり500円くらいと考えると妥当なんでしょうか。

エビがメインのおかずなのでたかくはないのかもしれませんが…安くもないですよね。

エビはフリッターで調理済

エビのチリソース炒めキット(エビフリッターのサイズ)

エビのチリソース炒めキットに入っているエビはフリッターになっています。

すでに調理されているので、火の通りをそこまで気にしなくて良いのはありがたいと思いました。

エビにはしっぽがついていません。

衣が厚めについていますが、それなりにサイズは大きめなので食べごたえがあります。

 

エビのチリソース炒めキット(パックのソース)

ソースはたっぷり入っています。

ちょっと多すぎるのでは、と思うくらいにたっぷりと。

でもかなりとろみがあるので、車のトランクに入れて帰ってもエビとソースが混ざることはありませんでした

家に帰ったらエビチリ状態…では悲しいですもんね。

容器も詰め方もすばらしいです。

作り方は焼いて和えるだけ

エビチリをイチから作ろうとすると、めんどくさいのはエビの準備ですよね、きっと。

そのめんどくさいところはすべてコストコがやってくれているので、私がやるのはエビを焼いてソースと和えるだけです。

エビのチリソース炒めキット(エビフリッターを焼く)

まずエビを並べて表面をカリッとさせます。

私は油をひかずにちょっと古びたフライパンで焼きましたが、フリッター自体の油分でいい具合に焼き目がつきました

両面こんがりしてきたらソースを入れて全体を温めます。

エビとソースをなじませてふつふつしてきたら完成。

とんとん

超簡単!

目玉焼きが作れるくらいの料理スキルがあればきれいにできちゃいますね。

味はピリ辛で食感良し

エビのチリソース炒めキット(できあがり)

完成したエビチリは色がきれいで食欲をそそります。

お店で出てくるエビチリレベルの出来じゃないですか?

私は焼いて混ぜただけなんですけど、この出来栄えには達成感あります。

辛さはピリ辛レベルなので、辛いものが得意でなくとも食べられます

子供はどうかな…丼にしてあげればおいしく食べられる子もいると思いますけどね。

ちゃんと辛みがあるので、ピリ辛を食べ慣れていないと難しそうです。

エビのチリソース炒めキット(できあがりのエビフリッター)

エビの食感はしっかり残っていて、食べごたえもあっておいしいです。

フリッターの衣はソースになじんでいて、衣っぽい食感や味はそこまで感じませんでした。

エビをちゃんと味わえます。

ソースがたっぷりなのでごはんが進みますね。

最後は残ったソースにごはんを入れてきれいに平らげました。

味も食感もよく大満足です。

もう自分でエビチリは作らない

簡単なのに味も見た目も本格的で、もう自分でエビチリ作ることはないと思いました。

エビの下ごしらえとかソース作りとかめちゃくちゃ手間かかりますもん、エビチリって。

こんな簡単においしくできるなら、たとえ自分で作ったほうが安くてもこっちを選びますわ。

とんとん

エビマヨも出してほしい…!

油すらいらず、洗い物がフライパンだけってのもポイント高いです。

準備時間ゼロ、調理時間10分以下でおいしいエビチリが完成なんてありがたすぎます。

チルドのエビチリはイマイチだけど自分で作るのは無理って人にはピッタリですよ!

コメントはこちらへどうぞ