アレンジ推奨!コストコデリカのオニオンガーリックチキンは下味つきチキン

オニオンガーリックチキン

コストコデリカの「オニオンガーリックチキン」

焼くだけでOKのもも肉で、私のお気に入りもろみチキンの洋風バージョンみたいな感じです。

ぼやっとした味でそのまま焼くだけでは微妙ですが、トマト煮にしたらとってもおいしかったです。

値段:100g118円安くはない

オニオンガーリックチキン(ラベル)

オニオンガーリックチキンは100g118円です。

焼くだけの総菜と考えたら安いんですけどね。

メインの鶏もも肉は100g100円以下で買えるんですよ、コストコは。

味が良ければいいんですけど、うーん、私にとっては高いかなぁ

鶏肉は大きめカット

オニオンガーリックチキン(パックの中身)

パックの中はほとんどが鶏もも肉で、あとは玉ねぎ、しめじ、にんにく、糸唐辛子です。

鶏もも肉は一口大よりは大きくカットされていて食べごたえあります。

一方で玉ねぎやしめじはかなり小さくカットされています。

具材と言えるかは微妙なサイズ。調味料に近いかも。

にんにくもたっぷり

オニオンガーリックチキン(パックのにんにく)

にんにくはひとかけずつにバラされた状態でたっぷり入っています。

根元のかたい部分や芯もそのままなので、気になるようなら食べる前に処理しておくと良さそうです。

味はそのままだと微妙

オニオンガーリックチキン(そのまま焼いた)

味がついているのでそのまま焼くだけで食卓に出せます。

チキンは原材料にあるアンチョビオイルと塩こしょうの味です。

ごはんが進む味ではありますが、何というかぼやっとしたはっきりしない味でもあります。

もっとガーリックの味を想像していたんですけどね。

オニオンもガーリックも食材として入っているだけなので、チキンはガーリック味ではありませんでした。

オニオンガーリックチキン(チキンアップ)

全体的に赤っぽい色はしていますが、糸唐辛子の色です。

辛味はありません。

焼くと油が出る

オニオンガーリックチキン(調理中のフライパン)

チキンからはかなりたくさん油が出ます。

厚めの皮がついているからだと思いますが、玉ねぎの水分も加わってバチバチ飛んできます。

ふきとりながら調理しないとハネて痛いです。

冷凍保存OK

オニオンガーリックチキン(冷凍)

保存は冷凍でOKです。

にんにくや糸唐辛子も、少し食感は悪くなってしまいますが気にするほどではありませんでした。

生の鶏肉と同じ感覚で冷凍&解凍すれば大丈夫です。

ちなみに私は鶏肉だけの冷凍パックも作りました。

自分で用意した野菜やきのこと合わせやすく使いやすかったです。

トマト煮アレンジは絶品

そのまま焼くだけだと正直味はイマイチです。

マズくはないけど進んで食べたい味ではないかなと。

オニオンガーリックチキン(トマト煮)

味はそこまで濃くはないので、トマト缶を入れてトマト煮にしてみました。

足りなかったパンチが加わっておいしくなりました。

トマトの酸味のおかげでチキンの油分も中和された気がします。

生の鶏肉を使うよりずっと簡単においしくできたので、これは当たりアレンジですね。

トマト煮専用チキン??

トマト煮はおいしかったですが、そのまま焼いて食べるのは私の好みではありませんでした。

「オニオンガーリックチキン」というより「洋風下味つきチキン」ですね。

まぁトマト煮は好きなメニューなのでトマト煮専用チキンとしてなら考えますが、おかずとしてのリピートはないかなぁ。

デリカとしては微妙、下味つき鶏もも肉としてはOKという感じです。

 

コメントはこちらへどうぞ