コストコデリカ「メキシカンサラダラップ」は想像以上にハラペーニョ

メキシカンサラダラップ

「メキシカンサラダラップ」はコストコデリカの人気商品です。かなり昔からある定番の商品ですよね。

太めのサラダラップが5本とボリュームもある。ハラペーニョも入ってるし、辛くて食べられなかったらどうしよう。あと食べにくそう。

そんな思いで買うのをためらっている人に、徹底レビューをお届けします。

15㎝×7㎝のボリューム

メキシカンサラダラップ(長さ)

メキシカンサラダラップは5本入り。1本の長さはコストコのデリカパックにちょうどの約15㎝です。

メキシカンサラダラップ(太さ)

幅は7㎝で、片手で握ると親指と中指(人差し指)が微妙にくっつかないぐらいの太さです。ボリューミィですねぇ。

1本180円で安い!

メキシカンサラダラップ(ラベル)

パックには5本入って599円です。1本当たり180円で、激安というほどではありませんがなかなか嬉しい価格設定です。

私は一食で2本は食べられないかなといったボリュームで、夫は2本で満腹といったところ。そう考えるとやっぱりお得ですよね。

パックで1000円切るというのも、手を出しやすいかなと思います。コストコデリカには1500円ぐらいのパックが多いので、3ケタの価格は安いと感じちゃいます。

野菜とハラペーニョがたっぷり

メキシカンサラダラップ(中身)

ちょっと汚いですが、持ち手に巻かれた紙をはがしてトルティーヤを開いてみました。水分でくっついているところもあり、やや見た目が悪いのはご容赦ください。

中身は野菜と蒸し鶏、ハラペーニョにトマトベースのソースです。とにかく野菜が多いですよね。

蒸し鶏は断面部分のみ

野菜のほかに蒸し鶏も入っていますが、実は断面部分にあるだけです。中のほうは野菜ばかりなので、ここはちょっと残念なポイントでした。

思ったより蒸し鶏は少なく、ほとんど野菜でした。蒸し鶏の弾力と甘みがおいしいんですけどね。全体的にもっと蒸し鶏が入っていたほうが、私は好みだなと思いました。

ちなみにトマトも断面付近にしかありません。断面部分からかじりつくので、最初はトマトと鶏で、後半はレタスとハラペーニョ。味が2段階あるとも言えますね。

大きめカットのハラペーニョ

メキシカンサラダラップ(ハラペーニョ)

ソースがついているのでこちらもビジュアルに難がありますが、ハラペーニョはこのぐらいの厚さでカットされています。薄切りではないですね。食感もしっかりしています。

厚切りのハラペーニョは全体にたっぷり入っています。どこを食べてもハラペーニョに当たると言ってもいいぐらいです。

酢漬けなので酸っぱさや甘さもあるのですが、かなり辛いですね。子どもは無理です。大人でも、辛いものが好きなタイプじゃないときついと思います。ピリ辛ってレベルではありません。

ハラペーニョなので辛さは爽やか。口や舌にじわっと辛みが広がり体が熱くなる唐辛子と違って、ハラペーニョは「辛っ!」と言って汗だけが噴き出る感じですね。突き抜けるようなスッキリとした辛さです。野菜が多いのも関係あるかもしれませんけど。

当日食べるのがオススメ

中身は水分の多い野菜がほとんどなので、翌日にはトルティーヤの一部が水分を含んでぶよぶよになっていました。消費期限は翌日ですが、当日に食べたほうがおいしいし食べやすいです。

ソースの塩分などでレタスのシャキシャキ感もなくなってきますし、早ければ早いほうがおいしいと思います。

バーベキューに合うのでは⁈

メキシカンサラダラップ(断面)

見た目もきれいで爽やかな辛さがおいしい「メキシカンサラダラップ」。辛いので子供には無理そうですが、辛いもの好きな大人にはハマります。

私は家で食べましたが、バーベキューにもいいんじゃないかなと思いました。お肉の合間に食べるとサッパリして良さそうです。家で食べるなら、肉や卵など甘みのあるサイドメニューがあるとイイ感じ!

小さくカットすると食べにくくなってしまうし、中身も出てきてしまいます。そのままかぶりつくのが一番ですね。

暑い日の昼食に食べたくなる良品でした!

コメントはこちらへどうぞ