ピリ辛注意!コストコのハワイアンサーモンポキはショウユポキよりおいしいよ

ハワイアンサーモンポキ

以前購入した「ハワイアンショウユポキ」がただの漬けマグロだったことで、買うのを控えていた「ハワイアンサーモンポキ」。どうせただの漬けサーモンでしょと思っていました。

結論:なめてました、ごめんなさい。

食べてみたらサーモンはなかなかの良品だったので、謝罪がてらレビューです。

ちなみにサーモンポキと比べているハワイアンショウユポキは「コストコのハワイアンショウユポキは完全に漬けマグロでした」で細かくレビューしています。

「ポキ」とは?

ハワイアンサーモンポキ(中身)

ポキはハワイ料理の一つです。言葉自体は「切り身」を意味するそうで、魚介類の切り身に醤油や油を和えたものを指します。

意外にもハワイでは生魚を食べる習慣があるそうです。ハワイ未経験のため知りませんでした、びっくり。

コストコのサーモンポキ

ハワイアンサーモンポキ(原材料)

コストコのサーモンポキは、ノルウェー産のサーモンにごま油とシーズニングを和えたものです。シーズニングには塩や白ごま、ローストアーモンド、唐辛子などが混ぜられています。

……ん? 原材料に醤油が入っていない!!

そうなんです。マグロポキ(ショウユポキ)と違って、サーモンポキには醤油が使われていないんです。ただの漬けサーモンではありません。

値段はアトランティックサーモンと変わらない

ハワイアンサーモンポキ(ラベル)

サーモンポキは368円 / 100gです。コストコにはアトランティックサーモンフィレという鉄板商品がありますが、サーモンポキに使われているのも多分それじゃないかなと思います。

アトランティックサーモンフィレは値段の変動が激しく、2018年は368円のを何度も見ました。つまりサーモンポキと値段はほぼ変わらない、ということです。突然安くなることもありますし何とも言えないんですけどね。

「コストコのとろけるサーモンは食べたいけどアトランティックサーモンは大きすぎる……」という人にはちょうどいいかもしれませんね。

マグロと違ってただの漬けじゃない⁈

マグロポキ(ショウユポキ)は漬けマグロでしたが、サーモンポキには醤油が使われておらず、漬けサーモン味ではありません。

食べてみて印象的だったのは「薄味!」「香ばしい!」の2点です。

コストコは濃い味が多いのですが、サーモンポキの味は思った以上に薄かったです。下味くらいの感じですね。塩味も少なく、そのまま食べるにも何かつけたいなと思うくらいでした。

味つけで気になったのは香ばしさです。ごま油と白ごま、ローストアーモンドがからんで、香ばしさが際立っていました。これはクラッカーやバゲットに合う予感。

ハワイアンサーモンポキ(盛付)

薄味で香ばしいとは予想外でしたが、購入時に考えていた丼にしてみました。

コクを加えるために卵を落とし、あえての醤油掛けです。サーモンポキの良さを壊した感もありますが、これはこれでおいしかったです。

大きさはまちまち

ハワイアンサーモンポキ(サーモンの大きさ)

サーモンはぶつ切りで、とろっとろの食感が十二分に味わえました。ただ、たまにものすごく小さいのも入っていて、大きさにはばらつきがありますね。たまに大きいのを見つけて口へ入れると幸せが広がります。

ピリ辛で子どもは厳しい

マグロポキ(ショウユポキ)と大きく違う点はもう一つ。サーモンポキは辛みがあるんです。原材料にも唐辛子と書いてあり、よーく見ると小さく赤い欠片が見えます。

サーモンと一緒に入っている玉ねぎもちょっとだけ辛みがあります。両方合わせてピリ辛ですね。

ムスメ

からーい!むりー!

幼稚園児の娘には無理でした。唐辛子と玉ねぎを取ってあげましたが、やっぱり辛いとのことです。残念ですがギブアップ。

子供のいる家庭や辛さが無理な人は注意です。

サーモンポキはリピート有かも

辛みがあるのは私にとってプラス評価です。とろとろサーモンにピリ辛なんて素晴らしい。寿司との差別化もできていますし気に入りました。

味が薄いのはアレンジすればいいだけですし、おいしいサーモンがちょうど良い量味わえて満足です。

もともと2017年のハワイアンフェアで登場した期間限定っぽい感じだったのですが、2018年の夏までほぼずっと並んでいますね。突然なくなる可能性もありますが、定番になったのかもしれません。気になったらぜひ試してみてくださいね。

コメントはこちらへどうぞ