「デリ工房のウインナー」1kgを食べきるお気に入りレシピも公開【コストコ】

デリ工房(アイキャッチ)

コストコのウインナーコーナーは、だいたい1kgのパックで売られています。シャウエッセンやアルトバイエルンなど、スーパーでもよく見るウインナーが大きいパックで並んでいます。

値段は1000円前後ですが、その中でもコレが最安値じゃないかと思います。1kgが888円という、コスパが嬉しい『デリ工房ウインナー』のレビューです。

伊藤ハムだからハズレなし

デリ工房は伊藤ハムの商品。有名メーカーならコストコサイズも安心して買えます。

業務用サイズの安いウインナーって、結構アタリハズレがあるんですよね。過去にあちこちで失敗しているので慎重になります。なんとなく歯触りが悪かったり臭いが気になったり。

でも伊藤ハムなら最低限の質は担保されていると思いませんか?少なくとも「食べられない」ということはないでしょう。

1kgのビッグサイズで888円

デリ工房のウインナーは1kg888円です。コストコの1kgウインナーの中では最安値と言ってもいいかもしれません。クーポン価格ではなく、通常価格で100円/100gを切るんです。

スーパーのPBでも、なかなか設定できませんよね。普段使いには嬉しい価格です。

クセのないベーシックなウインナー

原材料には『豚肉』『鶏肉』とあります。2種類のお肉がミックスされたウインナーですね。

100%豚肉のアルトバイエルンと違ってミックスされているので、ジュワっとした肉汁はありません。さっぱり食べられる感じですが、そのまま焼いて塩コショウだと少し味気なく感じてしまいます。

皮もパリッとはいきません。決してまずいわけではないのですが、特別「おいしい!」という感じでもない、というのが正直な感想です。

レシピいろいろ

デリ工房(作り方)

パックの裏に調理法は書かれているのですが、そのまま炒めたりボイルしたりして食べることは少なかったかな。野菜との炒め物やスープに入れて使うのがおいしかったです。

調味料はしっかり効かせた方が合いますね。野菜やキノコと併せて炒めるときは、クレイジーソルトやコンソメ、オイスターマヨネーズなんかをローテしてました。

スープなら何に入れてもいい味出してくれます。トマトスープや中華スープはもちろん、我が家では寄せ鍋やおでんなんかにも入れちゃいます。

レシピ『ウインナーのケチャップ炒め』

デリ工房(ケチャップ炒め)

ウインナーのメニューで娘が大好きなのがコレ、ケチャップ炒めです。たいした料理じゃないんですが、夫のお気に入りでもあるのでレシピを公開します。

準備するのは『食べやすくカットしたウインナー』『スライス玉ねぎ』の2つ。これをケチャップで炒めるだけなのですが、そのケチャップに一工夫します。

一つは『オイスターソース』です。ケチャップに少し入れるだけで、少し甘くなってオカズ寄りの味になります。

もう一つが『コチュジャン』。ケチャップにコチュジャンを混ぜるのは、韓国ではよくある味なんだそうです。子どもには入れなくてOKですが、うちの5歳児はちょっとコチュジャンを入れたほうがおいしいと言っています。辛いもの好きならしっかり効かせても良いですね。

分量はすべて適当なので、その日の気分で作ります。ケチャップは全体にからめられる量、オイスターはケチャップの1/5程度を意識しています。

ゴハンもモリモリ進むし、つまみにもgood。冷めてもおいしいのでお弁当に入れても◎。我が家のお気に入りレシピです。

安さでリピート頻度は高め

コストコでは同じ量のウインナーが並んでいるので、安いデリ工房のウインナーを手に取ることは多いです。味なら断然アルトバイエルンですけど、クーポン有でもデリ工房よりアルトバイエルンは300円も高いんですよね。この差は大きい……。

すでに何度もリピートしていますが、今後もリピートはしていくと思います。ウインナーは冷凍できますが、賞味期限も1ヶ月ほどあったので、冷凍することなく使い切ってしまいました。

普段使いにオススメですよ。

コメントはこちらへどうぞ