コストコのパステルデナタ(エッグタルト)はほどよい甘さで食べやすい

パステルデナタ

コストコベーカリーの新作スイーツ「パステルデナタ」

いわゆるエッグタルトというやつで、パイ生地に卵感の強めのカスタードが詰まっています。

コストコだしかなり甘いんじゃないかなと予想しましたが、ちょうど良い味。

サイズも食べやすく、なかなかの当たりスイーツだと思いました。

パステルデナタとは

パステルデナタ(パックの中)

パステルデナタとはポルトガル生まれのお菓子。

カスタードクリームの詰まったタルトで、日本ではエッグタルトの名前で知られています。

パステルデナタ(裏側)

エッグタルトとは言いますが、コストコのパステルデナタはタルトではなくパイです。

ひっくり返すと分かりやすいですよね。

くるくるとパイ生地が巻かれています。

値段:1個50円は安い!

パステルデナタ(ラベル)

パステルデナタは16個入り798円

1個あたり約50円ですからかなり安いです。

パン屋さんや冷凍食品などでは1個100円を切るものはほぼありません。

エッグタルトが50円は破格です。

パステルデナタ(サイズ)

サイズもそれなりに大きいです。

コストコにしては小さいかもしれませんけど、1個で満足感あってちょうど良いサイズだと思います。

ほどよい甘さで食べやすい

パステルデナタ(断面)

カスタードクリームがたっぷり詰まっていますが、想像よりは甘くないです。

カスタードクリームといってもシュークリームに入っているようなのとはまったく違います。

卵の黄身の味が強いですし、バニラビーンズも入っていません。

塩気もあるので、スイーツだけどちょっとパンのような感じもします。

私の中では菓子パンみたいな位置づけです。

トースターで温めるのが正解

ラベルには「トースターで数分温めてお召し上がりください」とあります。

パステルデナタ(焼く前)

温める前もクリーム部分に焼き目はついていますが、パイの部分はしっとりしています。

このまま食べてもそれなりにおいしいですが、温めると一気に味が変わります。

パステルデナタ(焼いた後)

トースターに入れて中火で数分。

パイ部分に焦げ目をつけてパリパリにします。

中心部は温まりづらいので、じっくり温めるのがおすすめです。

クリームの味はより濃厚に、パイはサクサクで香ばしくなります。

そのまま食べられるスイーツってラベルを読まない人も多いのでは?

トースターで温めないともったいないです。ホント味変わりますから。

保存は冷凍でOK

パステルデナタ(冷凍)

パステルデナタは冷凍できます。

16個入りで消費期限は加工日含めて3日。

食べきれない分は、買ってすぐに冷凍してしましょう。

1個ずつラップで包んでそのまま冷凍庫へ入れるだけ。

冷凍庫がいっぱいでつぶれそうならタッパーに入れると安心です。

解凍は冷蔵庫で数時間放置しても、トースターのあたため機能で時間をかけて温めるのでもOKです。

冷凍しても味はほとんど変わりません

16個の大容量もためらうことなくカートインできますね。

小腹満たしにちょうどいい

食べやすい甘さでおいしかったので買って正解でした。

スイーツっぽくはないですね。パンに近いかも?

ちょっとおなかがすいたときにちょうどいいと思いました。

甘いものがそこまで得意でない人にもおすすめです。

コメントはこちらへどうぞ