1個32円!コストコのイングリッシュマフィンはスーパーより3割安い

イングリッシュマフィン

コストコパンの「イングリッシュマフィン」

新三郷倉庫だとディナーロールのあるベーカリーコーナーではなく、ハンバーガーバンズのあるエリアに置かれています。

入口からだとちょうど対角にあたるところですね。

安くてボリューミーとコスパの良いパンです。

値段:1個32円は安い

イングリッシュマフィン(12個セット)

パッと見は6個入りに見えますが、実は12個入りです。

6個入りの袋が2段になっていました。

12個入り388円、1個あたり32円です。

たとえばSEIYUではパスコのイングリッシュマフィン(4個入り)が174円。

1個あたりで計算すると43円になります。

そう考えるとコストコのは3割安くらいで買えるわけですから、かなり安いですよね。

安っぽい味ではない、と思う

イングリッシュマフィン(1個)

安かろう悪かろうだったら嫌だなぁと思っていましたが杞憂でした。

サイズもしっかりしてますし弾力もあります

素朴な味で噛むとじわじわ甘みが出てきます。

表面のコーんグリッツも香ばしくて良いです。

といってもイングリッシュマフィンを食べた経験が少ないので、味や質の良さについてはそこまで語れないのですが。

少なくとも私はおいしいと思って食べています!

イングリッシュマフィン(断面)

スライスしてみると大きめの穴がたくさん空いています

しっとり系ではないですね。

パスコのと比べるとちょっと荒い感じはします。

スリットはなし

イングリッシュマフィン(横から見た)

とんとん

横から見るとミスドのエンゼルクリームっぽいですね

コストコのイングリッシュマフィンには横にスリットが入っていません

半分にスライスするにはナイフが必要です。

イングリッシュマフィンはほとんどの場合スライスして食べますよね。

地味にめんどくさいのでぜひスリットをお願いしたいなとは思ってしまいました。

我が家の食べ方を紹介

イングリッシュマフィン(サンド)

イングリッシュマフィンと言えばホットサンドですよね。

写真ではレタスと目玉焼き、そして同じくコストコで買ったローストポークを挟みました。

これひとつで朝食なら大満足です。

ほかにはベーコン、ハッシュドポテト、アボカドなどを挟んで食べています。

イングリッシュマフィン自体はシンプルな味なので、割と何でも合っちゃうのがうれしいですね。

保存はスライスして冷凍

イングリッシュマフィン(冷凍)

私が購入したイングリッシュマフィンの消費期限は購入日の2日後でした。

12個を食べきるにはちょっと短いですよね。

ということで冷凍保存です。

そのまま冷凍してもいいのですが、そうすると解凍してからスライスしてトースターという順番になってしまいます。

面倒な工程は減らすに限るので冷凍する前に全部スライスしちゃいます。

スライスしたらくっつきにくくするために外側と内側を逆にする形で重ねて1個ずつラップで包みます。

とんとん

背中合わせの形ですね

あとはジッパーバッグにまとめて冷凍庫に入れるだけです。

解答するときは凍ったままトースターで温めます。

ハムや卵と合わせてカートイン

コスパも良く味も良いので気軽にカートインできます。

使い勝手の良いパンといえばディナーロールクロワッサンが挙げられますが、そこに並べても良い使いやすさです。

具材を選ばないので自分好みにアレンジして食ベられます。

ベーコンやなど、挟む具材があるならとくにおすすめですよ!

コメントはこちらへどうぞ