病院ギライは親のせい?注射も歯医者も嫌がらない子供の育て方

歯

最底辺からこんにちは、とんとんです。

先日、娘が歯医者さんに「ありがとう」と言われました。

娘は下アゴが小さく、検診のたびに嚙み合わせにチェックが入ります。その後は一応歯医者へ行くのですが、一度も嫌がったり泣いたりすることはありません。フッ素の塗布に行くときも、喜んで歯医者へ向かいます。

その様子を不思議に思った歯医者さんが娘に聞いたんです。

「歯医者さん、嫌じゃないの?」って。

そしたら「うん、だいすきなの」って。

それで「歯医者さんを嫌いにならないでくれてありがとう」につながったのです。

どうして歯医者は嫌われるのか

歯医者さんとの会話で気づいたのが、「歯を磨かないと虫歯になるよ!虫歯になったら歯医者さんに抜いてもらうよ!」と言うお母さんが多いということ。歯医者を悪の手先のように仕立ててしまうんですね。子供を脅すために。

歯を磨かない子供を叱るには「虫歯になるよ!」じゃ弱いから、「歯を抜く歯医者」を使ってしまう。気持ちはよく分かります。子供の健康のためなのに、子供は言うこと聞きませんもんね。

「歯を磨かない→虫歯になる→歯医者が歯を抜く」という流れができ、歯医者は歯を抜く怖いところになってしまうんです。

何気なく言ってしまう言葉のせいで、子供が歯医者ギライになっているのかもしれません。

注射ギライも歯医者と同じ

注射も子供の苦手なものの代名詞ですね。

注射って怖いですよね。普通に考えて、体に針を刺すなんておかしいですよ。しかも薬を流し込む!そりゃあ誰だって怖いし痛いし嫌ですよ。当たり前です。

野菜を食べない、なかなか寝ない……。不健康なことを注意するとき「病気になるよ!そしたら注射だよ!」と言ってしまうこと、ありませんか。注射を不健康の罰として使っていたら、実際以上に怖いと感じてしまいます。

話はズレますが、私はピーマンやニンジンが不人気な原因も同じだと思っています。大人の印象操作。「ピーマンもニンジンも食べるのがカッコいい」とか言うじゃないですか。あれのせいで、「ピーマン&ニンジン=まずいもの」って思いこんじゃう気がしませんか。

具体的に何をすればいいのか

病院怖くない

親として子供には健康でいてほしいですよね。病院へ連れて行くのに苦労するのも避けたいです。

  • 親が歯医者と注射を好きになる
  • 歯医者と注射の必要性を伝える
  • 医者を選ぶ

私はこの3点を意識しています。歯医者や注射に対して前向きでポジティブなイメージを与えたいんです。

親が歯医者と注射を好きになる

娘が歯医者を好きな理由は多分私。私(ママ)が歯医者大好きだからというのが大きいんじゃないかと思います。

もちろん歯医者で痛い治療も受けています。昔ながらと言いますか、力任せの抜歯もありました。親知らずも抜いています。でも嫌いにはなりませんでした。

だって、私の歯を治してくれているから。歯がキレイになると気持ちいいですしね。

歯医者さんに行くのは「虫バイキン(虫歯)の嫌いな薬をつけてもらう」「キレイかどうか診てもらう」ためです。歯医者さんは歯を守る味方。一緒に虫バイキンと戦ってくれる味方。そう娘に伝えるようにしています。

注射も同じなんですよね。注射だって私たちを守ってくれるんです。怖いバイキンをやっつけてくれる味方なんだと伝えています。

自分が歯医者や注射の予定があるときも、できるだけ楽しく伝えるようにしています。過度にウキウキするのは怪しいですが、「明日歯医者さん行ってくるねー」と明るく言うと、歯医者の印象も良くなるのでオススメです。

歯医者と注射の必要性を伝える

娘は薬があまり好きではありません。おなかの調子が悪いときにもらった薬も、「まずいー!」と嫌な顔をしていました。

でも、ちゃんと飲みました。まずいまずい言いながら、毎食後にきちっと飲みました。本人は「おなかバイキンやっつけないといけないでしょ」と言っていたので、ちゃんと必要性が分かっているのでしょう。

くすりも歯医者も注射も同じじゃないかと思います。

訳も分からず「あなたのため」と言われて注射されたら、大人でも反抗しますよね。でも「なぜ、なんのために、何をするか」をちゃんと説明すれば、分かってくれるかも。

分かっていても嫌なものは嫌。そういう子もいるかもしれません。でも根気よく説明していけば、分かってくれる子は意外と多いんじゃないでしょうか。

医者を選ぶ

お医者さんの中には「子供には説明しても分からないから黙って言うことを聞け」というタイプの方もいます。何も言わず顔をつかんで「口開けてー」と診療を始められた耳鼻科では、娘も言うことを聞かず泣きました。怖かったんだと思います。

そういう先生に当たると、だんだんと病院自体が嫌いになってしまいます。子供としっかり向き合ってくれる先生のいる歯医者、病院を選ぶことは重要です。

子供を連れていくなら近いところに。と思うかもしれませんが、多少遠くても子供が素直についてくるところのほうが楽です。負担になりません。

嫌いにしない工夫で親も楽になる!

歯医者も注射も嫌いな子が多いようですが、ちょっとした工夫で気持ちは大きく変えられます。

嫌いなものを好きにさせるのは難しくても、苦手意識をなくすことはできます。ギャーギャー叫ぶ子供を引きずらなくて済むのなら、少しは子育ても楽になります。

憂鬱な病院通いの助けになれば嬉しいです!

コメントはこちらへどうぞ