子育てに悩んだら良ママ!正しい子育てか確認するたった六文字の言葉

子育てチュ

子育てに正解はないというけれど、ちゃんと子育てができているのかなぁ? 毎日怒ってばかりで、ちゃんと愛せているのかなぁ?

子育てをしていると、何もかもが間違っているような気がして落ち込むことがあります。特に娘が幼稚園に入る前、まだ娘が自分の思いをなかなか言葉にできず、私の言葉もうまく伝わらない時が地獄でした。

一度、ソファの上で娘を突き飛ばしてしまったことがあります。1歳ぐらいでした。何をしても泣く、蹴る、暴れる。私もイライラが頂点に達してしまっての結果です。そのときは私も泣いてしまいました。

味噌汁をこぼした娘が、私が何かを言う前に「ごめんなさあああい。おごらないでぐだざいいいい」と泣き叫んだこともありました。あぁ、私はそんなにすぐ怒っていたんだ。悲しく、そして申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

でも、私は子育てを失敗したとは思っていません。私は娘が大好きです。

大成功とは言いませんが、今は前向きになれました。

「だいすきだよ」が言えればそれだけで子育ては成功

私が子育てを間違えていないと言えるのは、娘に「だいすきだよ」と言えるから。たった六文字の言葉がすべてです。

子供を見て、心の底から「だいすきだよ」と言えれば子育ては成功です。正しい子育てです。子供を好きだと思える心があれば、それだけで十分だと思います。

ごはんなんてレトルトでOKだし、一日中テレビつけてたっていいじゃない。夜寝る時間だって、遅くても早くてもいいですよ。子供なんて眠けりゃ寝ますから、勝手に。

毎日手作りの栄養バランスを考えたゴハンに規則正しい睡眠。テレビや雑誌で見る綺麗で穏やかな育児。

そんなの映画と同じですよ、ファンタジーの世界。

しつけも大事です。健康も大事です。文字が読めること、はしが使えること、あいさつができること……言い出したらキリがありません。

でもきっと「だいすき」に勝るものはないと思うんです。子供のことが好きで、子供も自分が好きで。両想いなら何も恥じることはないはずです。

「だいすきだよ」と言った後は、ぜひ子供の反応を見てみてください。嬉しそうにしていたら大成功です。「わたしも~」なんて言ってくれたらもうニヤニヤが止まりませんよね。

私は「だいすきだよ」と言うのが大好きで、毎日のように言っています。何でもない時にギューっと抱きしめながら言うのですが、さすがに飽きられている様子。最近では「うん、知ってる」「お腹にいたときから聞いてたけど」なんて冷たくあしらわれています(笑

子供とのスキンシップも重要

スキンシップ

そんなツンデレ娘も、やっぱりスキンシップは大好きみたいで。両手を広げるとダッシュして抱きついてきます。止まっていられない、黙っていられないのが幼児です。すぐにどこかへ行ってしまいますが、それでも一度しっかりくっつきます。

仕事もあるし、家事もある。今時のパパママは忙しくてなかなか子供とゆっくりスキンシップをすることはできませんよね。私も常にバタバタしています。要領が悪いくせに完璧主義という厄介な性格を直したい……。

そんな中、たった5秒でも娘を抱きしめると癒されます。元気をチャージして頑張ろう! と思えます。

娘も落ち着くようで、ちょっと機嫌が悪くなってきたときはなかなか離れないので娘のご機嫌バロメータにもなるというお得な仕様。

子育てに悩んだらそれだけで素敵なママ

とにかく子供が好きだと思えれば、それは完璧な育児だと思います。できてないことを数えても、ママもパパも子供も、誰も得しませんよね。

子育てに悩んだらとりあえず「だいすきだよ」って言ってみてください。みんなハッピーです。それでダラダラ1時間ぐらい、ベッドで子供とゴロゴロしてみましょう。

子育てに悩んでしまうママは、悩む時点ですでに素敵なママですよね。子育てのハードルをぐぐっと下げて、気楽にやっていきましょ。

コメントはこちらへどうぞ